城下町に生きる会津漆器

 漆器は、日本の文化と品格を象徴する伝統工芸品です。それは、欧米において、磁器を「china ware」または「china」と呼ぶのに対して、漆器を「japan ware」または「japan(漆器を表すジャパンは小文字で表記します)」と呼ぶことからも分かります。
 「うるし」の語源は「麗し(うるわし)」とも「潤し(うるおし)」とも言われています。
 漆器作りには、その工程において独特の職人が存在します。製材された原木から板物木地を作る惣輪師。同じく丸物木地を作る木地師。塗りの工程でも、板物塗師と丸物塗師に分かれます。そして、上塗りまで完成した漆器に加飾を施す職人を蒔絵師と呼びます。
 日本の美意識を受け継ぐ、様々な職人の「技と心」を経て一つの作品が出来上がるのが、漆器の特徴です。

 会津漆器は、福島県の会津地方に400年以上の歴史を経て伝わる伝統工芸品です。
 時は豊臣秀吉が天下統一を果たした安土桃山の時代、会津藩主となった蒲生氏郷公は、利休七哲(千利休の高弟)の筆頭に数えられる文化人であり、産業の発展のため近江国日野から日野椀の木地師と塗師を招き、会津漆器の基礎をつくり上げました。歴史的には津軽塗や輪島塗よりも早くから盛んとなりました。
 それ以来、会津漆器は、この雪深い城下町の会津に地場産業として力強く根付き、江戸時代には、技術革新に熱心に取り組み、中国やオランダなどへも輸出されました。また、昭和初期には、欧米諸国への輸出品の主役として重要視されてきました。
 昭和50年には、漆器としては全国で2番目に国の伝統的工芸品の指定を受けています。
 現在も全国で3本の指に入る一大産地として伝統が受け継がれ、300以上の企業が軒を連ねています。
 上塗り漆に油を加え光沢を持たせた“はなぬり”、刃物で浅彫りした漆に金箔を刷り込む“沈金”、厚く盛った“高蒔絵”などが会津塗の特徴です。


漆器のお取り扱いについて

 漆器は本来、丈夫で身近なものです。特別なお手入れは必要ありません。他の食器同様、洗剤とスポンジで洗って頂いても大丈夫です。ただ、漆はやさしい天然素材のため、ナイフやフォーク、たわし等の堅いものでこすったり、電子レンジや食器洗浄器・乾燥機のご使用はお避けください。また、直射日光も苦手です。
 完全に固まった漆はかぶれやアレルギーの心配もありません。お子様でも安心してご使用いただけます。漆には、抗菌作用もあるんですよ。
 漆器は、しまい込まずにどんどん使ってみてください。
 日常的に「使っては洗う」を繰り返していただくことで、適度な水分が与えられ、漆器へのメンテナンスになります。
 そうして使い込むことで生まれる風合いの変化も漆器の魅力の一つです。
 気兼ねなく日々の食卓や生活の中でどうぞご愛用いただき、ゆっくりとあなただけの器に育ててください。