2009年12月6日の朝日新聞で取り上げていただきました!

少々前の記事ですが、2009年12月6日に朝日新聞に活動が取り上げられましたので、ご紹介します。

朝日新聞

会津漆器 若者とコラボ~デザイン公募 職人が実現

伝統工芸品として知られる会津漆器の職人たちと都会の若手アーティストたちが、共同作業に取り組んでいる。現代生活にマッチした新しい漆器商品をつくることで、伝統産業に新たな未来を切り開こうとの試みだ。バイヤー向けの展示会を東京都内で6日まで開き、新たな需要の掘り起こしを目指している。(田玉恵美)

東京でバイヤー向け展示会

「會`s NEXT(あいづ ネクスト)」と名付けられたこのプロジェクトには、木地師や蒔絵師、塗り師ら30~70代の職人11人が参加している。全国の若手デザイナーたちから公募して集まったコンセプトやデザインを生かし、新商品を作り上げた。
都内の元中学校舎にある世田谷ものづくり学校で4日から開いている展示会「愛づナチュラリズム」では、オフィスでお茶やコーヒーなどを入れて水筒のようにつかう「タンブラー」や、カップめん専用のおわん、帯留めなどのアクセサリーに応用できる漆タイル、若者を中心に人気があるタプレット菓子を収納するケースなどが並べられ、都内のセレクトショップのバイヤーらが訪れた。
カップめん専用のおわんを考案した千葉県のデザイナー・イトウジュンさん(31)は、普段は寝具会社でデザインの仕事をしているが、プライベートで公募に応じたという。「伝統品の産地が新しいことに取り組み、一緒に世間にPRできることをうれしく思っています」と話す。
プロジェクトを束ねているまちづくりコーディネート会社・明天(会津若松市一簣町)の貝沼航社長(29)は「古くすばらしい伝統を残していくため、これからも全国に会津漆器の仲間を増やしていきたい」と抱負を語った。

(※この記事の著作権は、朝日新聞社に帰属します。)

コメントはこちらからどうぞ

|
|