雑誌「ソトコト」にて會’s NEXTの記事掲載とネット販売開始!


ロハスピープルのための快適生活マガジン「ソトコト」
『ベスト・オブ・社会をよくするお買いモノ』と題した伝統のものづくり特集にて、會’s NEXTの取り組みが紹介されました!

cover_201201
ソトコト(木楽舎 ¥840)

「再興の会津プロダクト」ということで、震災からの復興を願う意味を込めた商品が紹介されました。

まずは、會’s NEXT 木地師の荒井勝祐氏とデザイナーの手島彰さんとのコラボレーション
「和黑朱肉入れ 復興版」
004_photo
※写真はソトコトさんから

常にデスクの上に置いておきたいもの…
上品な艶と、洗練されたフォルムに繊細な職人技が光る逸品ですね。

注目は「手鞠(てまり)」のワンポイント。
一本一本の糸が集まってつくられる手鞠には、人と人との絆の結びつきがやがて復興につながってゆく、という東北の未来への強い想いが込められています。



続いては會’s NEXTの塗師・細谷誠さんが塗りを手掛けた赤べこ木馬、ならぬ
「赤べこ木牛」
001_photo
※写真はソトコトさんから

子供のころから漆に触れていると、伝統のものの素晴らしさを体いっぱいに感じて、大人になってもずっと親しみを感じて頂けるような気がしますね!

赤べこの由来は諸説ありますが、中でも有名なのはお寺を建てる時にどこからともなく現れた赤毛の牛が、一生懸命に木材を運び人々を助けたということから会津の守り神として親しまれるようになったという伝説です。

赤べこが、現代の世でも人々を助けるのかもしれません^^

これらの商品は、
ソトコトのWEBショップにて2012年1月4日まで
数量限定で販売されます!

↓ご注文はコチラから!↓
「ベスト・オブ・社会をよくするお買いモノ」WEB ショップ

※ご注文の際の注意点※
・「和黑朱肉入れ 復興版」「赤べこ木牛」は完全受注生産となっております。
 お届けまで約3カ月ほどのお時間を頂きますのでご了承ください。
・限定10個までの販売となっております。

購入しようかお悩みの方、商品数に限りがございますのでご注文はお早めに!(゜o゜)


大切な人への感謝の気持ち、自分へのご褒美、健やかに育ってほしいという願い…
そんな想いをのせた、会津の伝統の技が光る贈り物はいかがでしょうか♪

コメントはこちらからどうぞ

|
|