“The Daily KOGEI”で會’s NEXTの取り組みが紹介されています

東京在住のデルソ・リオネルさんというフランス人の方が運営されている工芸ニュース発信サイト「The Daily KOGEI」にて、
會’s NEXTの取り組みが紹介されています!

デルゾ・リオネルさんは、東京の書店でorahoを手にしたことがきっかけで、
会津の漆について記事を書かれたそうです。

その内容としては、
会津のいいものを取り上げている「oraho」について、歴史ある漆の文化について、また、11月23日まで開催されていた「会津・漆の芸術祭2011」についても紹介がされています。

その中で、會’s NEXTと源吉兆庵のコラボレーション「和黑シリーズ」の商品写真が掲載されており、
新しい伝統を創っていく私たちの取り組みについてもいくつか触れられています。

そしてなによりも、記事のタイトルとなっている「Crying for AIZU」…会津のために泣いて。
つまり、「会津の三泣き」についても大変な興味を抱かれたようですね^^

初めはよそ者扱いに泣き、
住めば気候・風土の厳しさに泣き、
去るころには、会津の人の人情が忘れ難くて泣く。

これが「会津の三泣き」と呼ばれているものです。
県外の方はもちろん、海外の方にも、趣深さを感じて頂けたのではないかと思います。



海外の方も目を向ける日本の伝統工芸・漆。

大量生産・大量消費の時代にピリオドを打ち、
ひとつの上質なものを生涯長く使ってゆく生活の仕方にシフトチェンジしつつある現代では、
「漆」という素材は日本だけでなく世界中から注目されるべきものではないかと思います。

世界で一番古い漆の利用が発見されたのは9000年以上も前のもの。

縄文時代から漆は存在していたという事実。
縄文時代の人々の生活の一部にあったとされる漆が、現代まで残り発見されたという事実。

漆の持つ歴史の長さ、本物の強さを物語っていますね。

漆が古の人々の生活に寄り添っていたように、
この現代でも、漆がより多くの人々の生活の一部となるよう、
国内外を問わずもっと世の皆様に漆の素晴らしさを伝えていきたいと感じました。

コメントはこちらからどうぞ

|
|