「伝統工芸観光コンシェルジュ」研修ツアーの様子が、2011年2月28日の福島民報に掲載されました!

先日行われた会津伝統工芸観光コンシェルジュの会津漆器工房研修ツアーの様子が、2011年2月28日の福島民報に掲載されました!

観光ガイド新聞記事

記事の本文は以下の通りです。

---------------------------------

極上の会津プロジェクト協議会 伝統工芸ガイド育成 

会津漆器、本郷焼など実地研修を交え学習
観光の新たな目玉

 会津十七市町村などでつくる「極上の会津プロジェクト協議会」は、観光客に会津の伝統工芸を専門に案内するガイドを育成している。平成二十二年度からの事業で、初年度は公募の六人がガイドを目指して勉強している。
 ガイドは市町村の枠をっ超えて伝統工芸を観光客に有料で案内する。専門ガイドによる案内を観光プランに盛り込むことで、新たな魅力を作ろうと企画された。会津若松市のベンチャー企業・明天が委託を受けて取り組んでいる。
 ガイドは複数回の講習を受けた後、試験に合格すれば認定される。講習は昨年十二月に始まり、受講者は会津漆器と会津本郷焼を中心に学んでいる。一回目の試験は来年度に行われる予定だ。
二十六日には会津若松市の漆器店などで実地研修が行われた。受講者は会津塗や蒔絵(まきえ)職人の工房を見学。鈴善漆器店では希望者が蒔絵を体験し、会津漆器の技法を直接学んだ。次回は三月十日で、会津漆器の歴史などを学ぶ。
明天の貝沼航社長は「五十人を目標に育成していきたい。将来は会津観光の目玉にしたい」と話している。

コメントはこちらからどうぞ

|
|