「伝統工芸観光コンシェルジュ」研修ツアーその③~蒔絵師・本田充さんの工房~

11日に発生した東北地方太平洋沖地震から、もうじき二週間になります。
この度の大震災でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

震災から二週間近くになりますが、悲しい報道が連日流れています。
ですが、少しでも福島の元気を取り戻せるように日々頑張ってまいりたいと思います!

***************

今回も「伝統工芸観光コンシェルジュ」研修ツアーの様子をお伝えします!
研修ツアーの最後に皆さんで回った工房は、蒔絵師・本田充さんの工房です。

IMG_4796

ご自宅で蒔絵のお仕事をなさっている本田さん。
まず最初は、蒔絵についてのお話やどのようなものを描いているのかをお話してくださいました。

IMG_4804

金や銀の輝きが美しい本田さんの作品に魅入っている研修生の皆さん。
丁寧に描かれた紅葉や桜の絵は、季節感を感じさせ、器の魅力をより引き立てています。
思わず「ほしい!」という声も飛び出すほど素晴らしい作品!

IMG_4822

そうしてお話を聞いた後は、仕事部屋を見せていただきました。
本田さんの工房では、手描きの蒔絵とシルクスクリーンを使用した蒔絵の両方を行っています。
シルクスクリーンの手法も、版を重ね高度な技術を必要とする事を知って皆さん驚いた様子。
立体感が表現されたシルクスクリーン蒔絵はとても綺麗で、「下絵はシルクスクリーンで量産できるけど、その後に蒔絵粉を蒔くのはひとつひとつ手仕事。その工程は手描きの蒔絵と変わらない」と教えてくださる本田さんのお話を聴いて、手描きと同様に手間をかけて仕上げられていることを学びました。

IMG_4830

次は手描きの蒔絵の様子を見せてくださいました。

IMG_4837

皆が固唾をのんで見守る中、蒔絵筆を使ってゆっくりと絵を描いていく本田さん。
流れるような筆さばきに注目していると・・・なんと桜の絵が描かれていました^^
その途端、研修生たちの間からは「おお~!」と感嘆の声が!

IMG_4847

次に本田さんが見せてくださった蒔絵は、まるで金の粉が舞っているような模様。
しかもその模様を付けるために取り出したものは、なんとスポンジ!
「それ私の家にもある!」と驚く声が飛び出す中、身近にあるものを使ったりと皆さん工夫をして行っていることが分かりました。

IMG_4850

本田さんは、蒔絵に使う道具も見せてくださいました!
金や銀を細かくした蒔絵粉や、その粉を蒔くための粉筒。
金を薄く伸ばした金箔の綺麗さに、研修生は身を乗り出して見入っていました。

IMG_4860

IMG_4841

蒔絵師さんの滑らかな筆さばきに感動し、蒔絵がどうやって描かれていくのかを初めて間近で見て知ることができた、本田さんの工房見学。
木地師の三浦さん、塗り師の吉井さんの工房も見学し、研修生の皆さんは会津漆器の魅力にどっぷりとつかってくださったようです^^

熱い想いを抱き制作に励む職人さん達の姿。
そして長い長い時間をかけて丁寧に仕上げられていく漆器の奥深い魅力。
その魅力は、こうしてひとつひとつ出来上がっていく過程にも山ほど存在していることを知り、研修生の皆さんはとても勉強になった様子でした!

こうした機会を通して、これからも会津漆器の魅力を皆さんにお伝えしていきたいと思います^^

コメントはこちらからどうぞ

|
|