漆コーヒーとは?

會’s NEXTのうるしカフェで、ご来場の皆さまに味わっていただいてきた“漆コーヒー”。
その際によくお客さまに「これってどういう飲み物?」「かぶれないの?」と質問をいただくことが多いので、今回はそんな“漆コーヒー”をご紹介します^^

★漆コーヒーの材料は“漆の種”

__

うるしカフェで“漆コーヒー”をお配りしていると、よく尋ねられるのが「漆コーヒーって本当に“漆”が入ってるの?」との言葉。

ちょっぴり不安げなお客様が多いのですが、確かに“漆コーヒー”と言われると漆の樹液そのものが入っているように思いますよね。
ですがご安心ください!

「漆コーヒー」は漆の樹液を使用しているのではなく、“漆の種”を焙煎しているコーヒーなのです。

“漆の種”は、漆の樹にブドウのように成る漆の実から採れます。
(会津では、この漆の実から蝋分を採り「漆蝋(うるしろう)」という和蝋燭を作っていた文化もあります。)
その漆の実から採取した“漆の種”を焙煎して細かく砕き、コーヒーのようにドリップしたものが“漆コーヒー”です。

__3

そんな漆コーヒーを味わったお客さまのご感想をご紹介します☆

「香りが凄く香ばしい」
「味はほうじ茶か麦茶かな?」
「後から少し苦みがあって、確かにコーヒーのような後味がする!」
「想像していたよりおいしい!体に良さそう」

その味わいはコーヒーといより健康茶?
だけど香りやほのかな苦みはまるでコーヒー・・・。
そんな不思議な味がする、奥深い飲み物です。

“漆コーヒー”を飲んでも、もちろんかぶれたりはしませんのでご安心ください☆

「漆コーヒーの効用とかってあるの?」
と尋ねられることも多いのですが、昔は漆の実を強壮に効果があるとして食べたこともあったそうです。
“漆コーヒー”自体の効用は未だ解明されていませんが、胃に優しいというお話も!
そんな不思議な魅力のある“漆コーヒー”を、皆さまもとても楽しんで飲んでいらっしゃいました^^

__2

“漆コーヒー”は、會’s NEXTで開催するうるしカフェにてふるまっております^^
うるしカフェ開催の際はこのブログでお知らせいたしますので、その際はぜひ“漆コーヒー”を味わってみてください☆

「うるしカフェin会津・漆の芸術祭」最終日でした!

先日11月20日(土)は、「うるしカフェin会津・漆の芸術祭」の最終日でした!

IMG_1173

担当の職人さんは木地師の三浦 圭一さんと、うるしカフェもベテランの吉井 信公さんです。

IMG_1187

会場に展示された器は、三浦さんが木地も塗りも手掛けた、木のぬくもりと漆の質感が生きる素敵な器。
そしておなじみ吉井さんの金虫食い塗やオリジナルの研ぎ出しで仕上げた器達もとっても色鮮やかで華やか!
「うるしカフェ」開始時間の14時前にはすでにお客様がおいでになり、吉井さんと三浦さんの作品を囲んでさっそくうるしカフェが始まりました^^

IMG_1192

ご来場の皆さまは初めて職人さんから聞く漆の話に驚いたり笑ったりしながら、実際に器や道具を触って『漆』を体感。
奥の方で行われた漆クイズも大盛り上がり!
職人さんを囲んで皆さんここぞとばかりに質問をしてくださり、職人さんもとっても楽しそうで、皆さん笑顔が絶えませんでした^^

ハイテクプラザ会津若松技術支援センター産業工芸科専門研究員の竹内克己先生も「うるしカフェ」を見にいらっしゃってくださいました!
今回で2度目のご来場になる竹内先生も漆の説明をお客様にしてくださり、ますます深い漆のお話になりました^^

IMG_1177

IMG_1171

漆クイズでは、皆さん刷毛のクイズが一番難しいようです・・・!
実際に刷毛を触りつつ、「固いから馬の毛かも・・・」「リスの毛って黒かったっけ?」「まさかヒトじゃないよね!?」とお互い顔を見合わせては刷毛とにらめっこ。
そして解答を聴いてびっくり!
その後の吉井さんと三浦さんの説明で、皆さんますますびっくり!!
漆クイズは、思いがけない「びっくり」が満載です^^

お帰りになる前のお客様はみんな笑顔。
「来てよかった!」「漆好きにはたまらない経験だった」と仰ってくださる方もいらっしゃり、皆さま大満足のご様子でした!

IMG_1194

「うるしカフェ in 会津・漆の芸術祭」は今回で最終日。
10月2日から合計7回開催してきましたが、年代を問わずたくさんの方に遊びに来ていただけて、とっても賑やかなイベントになりました^^
漆コーヒー漆蜂蜜も「想像と違っておいしい」「初めての味、いいお土産話になる」と、とっても好評でした!
皆さまご感想をくださったりとても興味をもってくださり、事務局も毎朝せっせとコーヒーを淹れたかいがありました・・・!

ご来場くださった皆さま、誠にありがとうございました!!

「うるしカフェ in 会津・漆の芸術祭」で会場をお貸しくださった「ギャラリー夢蔵」さまも、誠にありがとうございました!
こちらのお店では、漆器やお香など趣ある品が多数ございますので、七日町にお越しの際はぜひ足を運んでみてください^^
建物も蔵造りがとてもレトロで素敵ですよ☆

会津・漆の芸術祭」のスタッフの皆さまにも大変お世話になりました。
芸術祭の開催、大変お疲れさまでした!
「会津・漆の芸術祭」は来年も開催されますので、今からまたとても楽しみです^^

担当してくださった職人さん達も大変お疲れさまでした!
中には4回も担当してくださった職人さんもいらっしゃり、職人さんもすっかり「うるしカフェマスター」です☆

IMG_0892

職人さんが分かりやすく漆のお話をしながら、クイズや漆コーヒーを通してお客様にもっと『漆』を楽しんでいただくきっかけ作りを目指した「うるしカフェ」。
今まで知らなかった「漆」の意外な一面を発見することで、漆をもっと身近に感じていただければ幸いです^^

次回の「うるしカフェ」開催はまだ未定ですが、會’s NEXTではこれからもこうした活動を続けていきますので、どうぞお楽しみに!!

會’s NEXT×源吉兆庵コラボレーション企画「和黑懐石」が、ビジネスカルチャーマガジンNODEに掲載されました!

會’s NEXTと銀座の高級和食店「源吉兆庵」とのコラボレーション企画「和黑懐石」が、ビジネスカルチャーマガジン『NODE(ノード)No.11』に掲載されました!

NODE表紙

アートと社会をつなぐ、ビジネスカルチャーマガジン 『NODE』
2010 Winter/no.11 “アートフェア”はお好きですか?

アートと社会をつなぐ、ビジネスカルチャーマガジン 『NODE』は、アートへのニーズを潜在的に抱いている30代~40代の社会人をターゲットにした雑誌です。
『NODO』の86ページに、會’s NEXTと源 吉兆庵とのコラボレーション企画「和黑懐石」の記事が掲載されております。

誌面0

P86・・・會’s NEXT×源 吉兆庵
「会津漆器の魅力が源 吉兆庵の味わいに融合」

また、『NODE』のWeb版の『NODEnet』では、會’s NEXTと源 吉兆庵とのコラボレーション企画の特集が掲載されております。
こちらもどうぞご覧ください。

NODEnet

漆器と懐石料理が醸し出す“温故知新”の極み~ 會’s NEXT×源 吉兆庵のコラボ企画開催中!

今回のコラボレーション企画で漆器のデザインを手がけたデザイナー・手島 彰 氏のブログでも、『NODE』掲載について記事が掲載されております。
こちらもどうぞご覧ください^^

ご好評いただいているタイアップ企画料理『和黑懐石』の提供は、12月20日までとなっております!
期間限定の懐石コースとなりますので、会津づくしの懐石料理をこの機会にぜひご堪能ください^^

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
宗家 源吉兆庵 銀座本店 「松濤」
ディナーコース「和黑懐石」・・・10,500 円(税込)

●営業時間 :お食事(ディナー)
17:30~22:30(ラストオーダー 21:30)
●席数 4階 16席(個室)/5階 16席(個室)/6階 14席(堀ごたつ)
●定休日:無休(土・日・祝はご昼食のみの営業)
●所在地:東京都中央区銀座7丁目8-9
●電話番号: 03-3569-2361(ご予約受付)

「うるしカフェin会津・漆の芸術祭」第6回目を開催しました!

先週の11月13日(土)は、七日町のギャラリー「夢蔵」にて第6回目の「うるしカフェin会津・漆の芸術祭」を開催しました!

IMG_1161

この日はなんと「うるしの日」でした^^
今回の担当職人さんは、塗り師の大竹信一さんと塗り師の宮田幸男さん
会場にはお二人の個性豊かな作品が並びました!

IMG_1163

IMG_1162

大竹さんの蒔絵が描かれた作品はカラフルでお洒落!
宮田さんの紙を使用した乾漆の器もとっても個性的。
職人さん達から実際に作品の工程などの説明を聴いて、お客さまからは「おお~」と感嘆の声が!

IMG_1110

職人さんが漆の実の説明をしながらふるまう「漆コーヒー」も好評で、皆さん初めて味わう「漆コーヒー」に「おいしい!」ととっても喜んでくださいました^^

奥の方は「うるしクイズ」にチャレンジするお客さまで賑やか。
実際に塗り刷毛を触ったり職人さんに質問をしたり・・・。
皆さんで相談もしながら、漆にまつわるトリビア満載の問題に挑戦しておりました♪
なんと全問正解された方も!!

IMG_1125

IMG_1151

今回もとっても和気あいあいとした雰囲気となったうるしカフェ。
そして次回はいよいよ最終日!
11月20日(土)に開催します!!

漆コーヒーを飲みながら、職人さんと熱く語れる絶好の機会!
ぜひ遊びにいらしてくださいね^^
IMG_1137

JIDA(日本インダストリアルデザイナー協会)のブログで「和黑懐石」が紹介されました!

銀座の高級和食店「源吉兆庵」とのタイアップ企画「和黑懐石」で漆器のデザインを手がけた、デザイナーの手島 彰 氏が所属しているJIDA(日本インダストリアルデザイナー協会)の会員サイト「JIDA-Members’Blog」で、今回のタイアップ企画が紹介されました!

ブログ

「和黑懐石」の記事はこちらからご覧いただけます。

手島 彰 氏と會’s NEXTによる漆器を用いた「和黑懐石コース」は、12月20日まで源吉兆庵にて提供されています。
10月から「和黑懐石コース」の提供が始まり、現在まで多くの皆さまにご注文いただきご好評をいただいております。
職人さんが心を込めて手がけた会津漆器と、会津の郷土料理をアレンジした懐石コース。

「会津の三泣き」に伝わる人情と会津の風土を、期間限定の懐石コースでぜひお楽しみください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
宗家 源吉兆庵 銀座本店 「松濤」
ディナーコース「和黑懐石」・・・10,500 円(税込)

●営業時間 :お食事(ディナー)
17:30~22:30(ラストオーダー 21:30)
●席数 4階 16席(個室)/5階 16席(個室)/6階 14席(堀ごたつ)
●定休日:無休(土・日・祝はご昼食のみの営業)
●所在地:東京都中央区銀座7丁目8-9
●電話番号: 03-3569-2361(ご予約受付)

販路開拓支援戦略会議 地域フォーラムin福島が開催されました!

11月1日(月)は、会津若松ワシントンホテルにて『販路開拓支援戦略会議 地域フォーラムin福島~会津の宝を売り込むための戦略会議~』が開催されました!
このフォーラムは、事務局の㈱明天が参画している販路開拓支援プラットホーム事業の一環で開催されました。

IMG_0987

『販路開拓支援戦略会議 地域フォーラムin福島~会津の宝を売り込むための戦略会議~』は、販路開拓支援に取り組む専門家やバイヤーの方が、販路開拓を目指す商品に対し外部の視点からのアドバイスや具体的なアプローチを行い、販路開拓支援へと繋げていくためのフォーラムです。
また、フォーラムの参加者にとっても、地域内外の顔の見えるネットワークを強化するとともに外部地域の専門家による手法やノウハウを共有し、会津及び福島地域における販路開拓の促進を図ることができる機会となっており、当日は多くの方が参加されました。

會’s NEXTからも職人さんを代表して、会長の荒井 勝祐さんと副会長の本田 充さんが参加。
『和黑シリーズ』の朱肉入れと、蒔絵アクセサリーの『URUSHI TILE』を、販路開拓の専門家やバイヤーの前でプレゼンテーションしました!

IMG_0994

IMG_1001

デザイナーとやりとりをして完成した商品デザインについてや制作工程の説明など、作り手ならではの話をまじえながらのプレゼンテーション。
荒井さんと本田さんの説明に、専門家やバイヤーの皆さまも真剣な表情で耳を傾けていました。

そしてプレゼンテーションの後は、そのまま専門家やバイヤーの皆さまからアドバイスや提案をいただく場面へ。
具体的な商品販売価格やターゲットについての質問が専門家やバイヤーの皆さんから出たり、逆に職人さんから「どのような売り込み方が望ましいのか」といった質問が向けられたりと、販路拡大に繋げようという姿勢でやりとりが繰り返されました。
バイヤー視点の裏話も聞けたりと、職人さん達も参加者の皆さまもメモを取りながらお話に聞き入っていました。

IMG_1044

IMG_1010

今回のフォーラムでは、會’s NEXTの他に会津本郷焼の職人さんも参加なさっていました。
そしてフォーラム後の交流会では、専門家やバイヤーの皆さんも職人さんも全員で談笑しながら情報交換。

IMG_1066

専門家やバイヤーの皆さんも、職人さんも、皆さんとにかく話が尽きません!
それぞれの分野のプロが集る場ならではの活気があちこちに生まれ、業種を超えた交流が行われました。

今回のフォーラムをきっかけに、具体的な販売の場に結び付きそうな案件もいくつか出てきましたので、それにむけてこれからも前進していきたいと思います。
ご参加いただいた専門家やバイヤーの皆さま、誠にありがとうございました!
今後ともよろしくお願い致します!

「うるしカフェin会津・漆の芸術祭」今回は喜多方で開催しました!

11月7日(日)は、喜多方市で「うるしカフェin会津・漆の芸術祭」を開催してきました!

IMG_1089

担当の會’s NEXT職人さんは、会長の荒井 勝祐さんと副会長の本田 充さん
ストーブの暖かさに包まれた会場には、お二人の素敵な作品がずらりと並びました!

IMG_3381

IMG_3380

そして今回はいつもとちょっと違った『うるしカフェ』。
会津・漆の芸術祭に参加されているアーティストと一緒に、同じ空間で開催しました!
趣のある蔵の中では、會’s NEXTのほかに二組のアーティストがいらっしゃいました。

IMG_3393

IMG_3396

今回會’s NEXTがご一緒させていただいたのは、針と糸で木目を縫うことで作品を制作しているアーティストの柵瀨茉莉子さんと、漆を用いて甲冑を制作したAizartの皆さんです。
皆さんのワークショップや展示と一緒の空間で、うるしカフェを開催!
会場は始終和気あいあいとした楽しい空間になりました^^
ご来場いただいた観光客の皆さまは職人さんが出題する『うるしクイズ』や解説にとても興味を持ってくださり、漆コーヒーを片手にみんなで覗き込むようにして職人さんの話に耳を傾けていらっしゃいました。
漆コーヒーもあっという間になくなり、いつもより時間を延長しての開催になりました^^

IMG_3410

IMG_3398

「うるしカフェin会津・漆の芸術祭」も残すところあと2回です!
次回は11月13日(土)の14時~15時、会場はいつもの「ギャラリー夢蔵」さんになります^^
ぜひ遊びにいらしてくださいね☆

会津ブランドものづくりフェア2010、今年も『うるしのトリビアクイズ』大好評でした!

先週末の10月30日(土)と31日(日)は、「会津ブランドものづくりフェア2010」が開催されました!
會’s NEXTもブース出展し、今年も『うるしのトリビアクイズ』と『うるしカフェ』を行いました。

PA318383 - コピー

今年の展示は會’s NEXT×源吉兆庵のコラボレーション漆器「和黑懐石揃え」の展示と「和黑シリーズ」の展示、そして會’s NEXT職人さん達の漆器がずらり。
「和黑懐石揃え」の展示では、今年の2月からスタートしたプロジェクトの様子や源吉兆庵で現在提供されている「和黑懐石」をパネルで紹介し、デザイナーの手島彰氏がデザインを手がけた器を展示しました。

IMG_0968

そして30日(土)は13時から、31日(日)は11時と13時からの計三回、サイエンス・コミュニケーターの福島郁子さんと會’s NEXTの職人さんによる「うるしのトリビアクイズ」が開催されました!

IMG_2786

IMG_2864

たくさんの参加者の皆さんに囲まれた會’s NEXTのブース。
皆さん「うるしのトリビアクイズ」の三択問題で使う札を手にわくわくした様子です。
そしていよいよ「うるしのトリビアクイズ」が始まると、漆の珍しい三択クイズに驚きの声が!
特に『塗りの刷毛は何の動物の毛でできているでしょう?』という問題や『蒔絵の筆は何の動物の毛でできているでしょう?』といった動物の毛シリーズ問題は、皆さん実際に塗り刷毛や蒔絵筆を手に「う~ん」と思案顔。
「会津に居る動物ですか?」とヒントを求める声もあがり、なかなかの難問に皆さんの表情も真剣そのもの。

そして回答を聴いて会場が湧いた後は、職人さんからトリビア満載の解説が!

IMG_2931

IMG_2803

普段はめったに聞けない漆の珍しいトリビア話に、参加者の皆さんもびっくりしたり感心したり・・・。
全部で5問ずつの「うるしのトリビアクイズ」でしたが、とっても楽しんでいただけた様子で皆さんも職人さんも笑顔でした。

IMG_2886

IMG_2943

「うるしのトリビアクイズ」開催時間以外でも、會’s NEXTブースは始終賑わっていました!
理由は「漆コーヒー」と「漆蜂蜜」。
初めて飲む漆コーヒーに、皆さん「かぶれない?」と笑いながらもチャレンジ!
コーヒーのようなお茶のような・・・そんな不思議な漆コーヒーの味に、「健康茶みたい!」と気に入ってくださった方もたくさんいらっしゃいました♪

IMG_2779

たくさんのお客様にご来場いただいた會’s NEXTブース。
漆の意外な楽しみ方を通じて皆さまに漆の魅力を感じていただけるよう、これからもイベントを開催してまいります☆

|
|