“The Daily KOGEI”で會’s NEXTの取り組みが紹介されています

東京在住のデルソ・リオネルさんというフランス人の方が運営されている工芸ニュース発信サイト「The Daily KOGEI」にて、
會’s NEXTの取り組みが紹介されています!

デルゾ・リオネルさんは、東京の書店でorahoを手にしたことがきっかけで、
会津の漆について記事を書かれたそうです。

その内容としては、
会津のいいものを取り上げている「oraho」について、歴史ある漆の文化について、また、11月23日まで開催されていた「会津・漆の芸術祭2011」についても紹介がされています。

その中で、會’s NEXTと源吉兆庵のコラボレーション「和黑シリーズ」の商品写真が掲載されており、
新しい伝統を創っていく私たちの取り組みについてもいくつか触れられています。

そしてなによりも、記事のタイトルとなっている「Crying for AIZU」…会津のために泣いて。
つまり、「会津の三泣き」についても大変な興味を抱かれたようですね^^

初めはよそ者扱いに泣き、
住めば気候・風土の厳しさに泣き、
去るころには、会津の人の人情が忘れ難くて泣く。

これが「会津の三泣き」と呼ばれているものです。
県外の方はもちろん、海外の方にも、趣深さを感じて頂けたのではないかと思います。



海外の方も目を向ける日本の伝統工芸・漆。

大量生産・大量消費の時代にピリオドを打ち、
ひとつの上質なものを生涯長く使ってゆく生活の仕方にシフトチェンジしつつある現代では、
「漆」という素材は日本だけでなく世界中から注目されるべきものではないかと思います。

世界で一番古い漆の利用が発見されたのは9000年以上も前のもの。

縄文時代から漆は存在していたという事実。
縄文時代の人々の生活の一部にあったとされる漆が、現代まで残り発見されたという事実。

漆の持つ歴史の長さ、本物の強さを物語っていますね。

漆が古の人々の生活に寄り添っていたように、
この現代でも、漆がより多くの人々の生活の一部となるよう、
国内外を問わずもっと世の皆様に漆の素晴らしさを伝えていきたいと感じました。

「伝統工芸観光コンシェルジュ」研修ツアーの様子が、2011年2月28日の福島民報に掲載されました!

先日行われた会津伝統工芸観光コンシェルジュの会津漆器工房研修ツアーの様子が、2011年2月28日の福島民報に掲載されました!

観光ガイド新聞記事

記事の本文は以下の通りです。

---------------------------------

極上の会津プロジェクト協議会 伝統工芸ガイド育成 

会津漆器、本郷焼など実地研修を交え学習
観光の新たな目玉

 会津十七市町村などでつくる「極上の会津プロジェクト協議会」は、観光客に会津の伝統工芸を専門に案内するガイドを育成している。平成二十二年度からの事業で、初年度は公募の六人がガイドを目指して勉強している。
 ガイドは市町村の枠をっ超えて伝統工芸を観光客に有料で案内する。専門ガイドによる案内を観光プランに盛り込むことで、新たな魅力を作ろうと企画された。会津若松市のベンチャー企業・明天が委託を受けて取り組んでいる。
 ガイドは複数回の講習を受けた後、試験に合格すれば認定される。講習は昨年十二月に始まり、受講者は会津漆器と会津本郷焼を中心に学んでいる。一回目の試験は来年度に行われる予定だ。
二十六日には会津若松市の漆器店などで実地研修が行われた。受講者は会津塗や蒔絵(まきえ)職人の工房を見学。鈴善漆器店では希望者が蒔絵を体験し、会津漆器の技法を直接学んだ。次回は三月十日で、会津漆器の歴史などを学ぶ。
明天の貝沼航社長は「五十人を目標に育成していきたい。将来は会津観光の目玉にしたい」と話している。

『デザイナーズFILE 2011』に、デザイナー手島彰氏がデザインを手がけた「和黑懐石」が掲載されました!

ソフトバンククリエイティブ発行の『デザイナーズFILE 2011』(p196-P197)に、デザイナーの手島彰さんが紹介されております。
その活動の一つとして、手島さんにデザインを手掛けていただいた會’s NEXT×源吉兆庵タイアップ漆器「和黑懐石」も掲載されています。

          デザイナーズファイル

『デザイナーズFILE 2011』

(以下紹介文:ソフトバンククリエイティブHPより)
—————————————–
日本のモノ作りとデザインの最先端が分かる

本書は、日本の最先端を走るデザイナー約130人が手がけた旬の製品や作品を、豊富なカラー写真で紹介しています。プロダクト、インテリア、工業製品・・・そのデザインクオリティの高さに改めて気付くことでしょう。
デザイナーズFILE 2011 は、家電、インテリア、日用品、工業製品など、モノ作りで日本の最先端を切り拓いているデザイナー約130名の最新の仕事をパッケージしています。

・最先端の日本デザインの写真集として
・デザイナー探しを検討されている企業の皆様のガイドブックとして
・学生などデザイナー予備軍の皆様の指標として

本書はさまざまな視点でご活用いただけます。

日本のモノ作りは世界で最高水準をキープしています。工場などの生産拠点は中国などにシフトしても、その企画力、開発力、そしてデザイン力は、他を一歩も二歩も抜きん出ています。

—————————————–

まさに全国の著名なデザイナーが名を連ねる一冊です!
インテリアや自動車や家具など、斬新で洗練されたデザインの数々は見ているだけでとても面白く、お勧めです。
デザインに興味がある方も、インテリアなどが好きな方も、ぜひご覧になってみてください^^

會’s NEXT×源吉兆庵コラボレーション企画「和黑懐石」が、ビジネスカルチャーマガジンNODEに掲載されました!

會’s NEXTと銀座の高級和食店「源吉兆庵」とのコラボレーション企画「和黑懐石」が、ビジネスカルチャーマガジン『NODE(ノード)No.11』に掲載されました!

NODE表紙

アートと社会をつなぐ、ビジネスカルチャーマガジン 『NODE』
2010 Winter/no.11 “アートフェア”はお好きですか?

アートと社会をつなぐ、ビジネスカルチャーマガジン 『NODE』は、アートへのニーズを潜在的に抱いている30代~40代の社会人をターゲットにした雑誌です。
『NODO』の86ページに、會’s NEXTと源 吉兆庵とのコラボレーション企画「和黑懐石」の記事が掲載されております。

誌面0

P86・・・會’s NEXT×源 吉兆庵
「会津漆器の魅力が源 吉兆庵の味わいに融合」

また、『NODE』のWeb版の『NODEnet』では、會’s NEXTと源 吉兆庵とのコラボレーション企画の特集が掲載されております。
こちらもどうぞご覧ください。

NODEnet

漆器と懐石料理が醸し出す“温故知新”の極み~ 會’s NEXT×源 吉兆庵のコラボ企画開催中!

今回のコラボレーション企画で漆器のデザインを手がけたデザイナー・手島 彰 氏のブログでも、『NODE』掲載について記事が掲載されております。
こちらもどうぞご覧ください^^

ご好評いただいているタイアップ企画料理『和黑懐石』の提供は、12月20日までとなっております!
期間限定の懐石コースとなりますので、会津づくしの懐石料理をこの機会にぜひご堪能ください^^

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
宗家 源吉兆庵 銀座本店 「松濤」
ディナーコース「和黑懐石」・・・10,500 円(税込)

●営業時間 :お食事(ディナー)
17:30~22:30(ラストオーダー 21:30)
●席数 4階 16席(個室)/5階 16席(個室)/6階 14席(堀ごたつ)
●定休日:無休(土・日・祝はご昼食のみの営業)
●所在地:東京都中央区銀座7丁目8-9
●電話番号: 03-3569-2361(ご予約受付)

2010年9月15日の福島民報に掲載されました!

會’s NEXTと銀座「源吉兆庵」さんとのコラボレーション企画が、福島民報に取り上げられました!

NEXT新聞jpg

記事の本文は以下の通りです。

---------------------------------
会津漆器と食文化の魅力 銀座から全国に発信 
来月一日から三か月間 特別メニュー登場

会津漆器の職人グループ「會’s NEXT」と東京の有名和食店・源吉兆庵銀座本店がタイアップした銀座風の会津郷土料理が十月一日から同店のコース料理の特別メニューとして登場する。職人らは会津の漆器と食文化の魅力を銀座から全国に発信しようと意気込んでいる。

會’s NEXT有名和食店とタイアップ
こづゆ、ニシンのさんしょう漬け 地酒も添える

メニューのテーマは会津の人情と風土を伝える言葉「会津の三泣き」。こづゆやニシンのさんしょう漬けなど会津の味をアレンジし、オリジナルの会津漆器に盛り付ける。会津の地酒も添える予定。
漆器のデザインは、人気車「インプレッサ」を手掛けた手島彰さんが担当し、涙が水面に広がる様子を表現した大皿や涙の形をした吸い物椀などを発案。同グループの職人が約三か月をかけて、伝統の技法を駆使して手作業で仕上げた。
十三日には荒井勝祐会長らが同店で漆器八点組を披露し、漆職人の儀同哲夫さん、蒔絵師の大竹信一さん、會’s NEXT事務局の貝沼航さん、手島さんが器の特徴などを説明した。源吉兆庵銀座本店の宇田川潔総料理長は「イメージ通りの満足のいく漆器がそろった。会津の歴史や文化も加味しながら、銀座らしいメニューを考えたい」と語った。料金は一人前当たり一万円以上を想定しているという。料理は十二月までの期間限定。荒井会長は「明天の源吉兆庵が採用したということで、会津漆器のブランド価値も高まるだろう。会津の郷土料理がどのような形で登場するかも楽しみ」と期待を寄せていた。

2009年12月6日の朝日新聞で取り上げていただきました!

少々前の記事ですが、2009年12月6日に朝日新聞に活動が取り上げられましたので、ご紹介します。

朝日新聞

会津漆器 若者とコラボ~デザイン公募 職人が実現

伝統工芸品として知られる会津漆器の職人たちと都会の若手アーティストたちが、共同作業に取り組んでいる。現代生活にマッチした新しい漆器商品をつくることで、伝統産業に新たな未来を切り開こうとの試みだ。バイヤー向けの展示会を東京都内で6日まで開き、新たな需要の掘り起こしを目指している。(田玉恵美)

東京でバイヤー向け展示会

「會`s NEXT(あいづ ネクスト)」と名付けられたこのプロジェクトには、木地師や蒔絵師、塗り師ら30~70代の職人11人が参加している。全国の若手デザイナーたちから公募して集まったコンセプトやデザインを生かし、新商品を作り上げた。
都内の元中学校舎にある世田谷ものづくり学校で4日から開いている展示会「愛づナチュラリズム」では、オフィスでお茶やコーヒーなどを入れて水筒のようにつかう「タンブラー」や、カップめん専用のおわん、帯留めなどのアクセサリーに応用できる漆タイル、若者を中心に人気があるタプレット菓子を収納するケースなどが並べられ、都内のセレクトショップのバイヤーらが訪れた。
カップめん専用のおわんを考案した千葉県のデザイナー・イトウジュンさん(31)は、普段は寝具会社でデザインの仕事をしているが、プライベートで公募に応じたという。「伝統品の産地が新しいことに取り組み、一緒に世間にPRできることをうれしく思っています」と話す。
プロジェクトを束ねているまちづくりコーディネート会社・明天(会津若松市一簣町)の貝沼航社長(29)は「古くすばらしい伝統を残していくため、これからも全国に会津漆器の仲間を増やしていきたい」と抱負を語った。

(※この記事の著作権は、朝日新聞社に帰属します。)

2009年3月15日の福島民友新聞に掲載されました!

會’s NEXTがコラボレーションしている会津大学短期大学部デザイン科の井波ゼミの学生さんが紹介された記事に會’s NEXTのことも触れられています。

ntnews090315.jpg

内容は以下のとおりです。

———————–

福島民報 2009/3/15
ふくしまキャンパスライフ

漆芸の魅力知って 
井波ゼミ 職人と商品開発も

会津大短期大学部
産業情報科学2年 小松 愛実さん 20

デザイン情報コースの「井波ゼミ」は井波純准教授の下で漆芸を学んでいます。
大学や短大で漆芸専門教育を行っているのは全国でも十校ほど。おわんなどの実用品、展覧会に出品するような芸術品を作る魅力的な研究室です。一年生六人、二年生四人が在籍しています。
漆について入学までほとんど知りませんでしたが、二年間学び、奥深さを知りました。
ゼミではまず基本的な技術を勉強します。塗りや磨きなどの工程、さらに蒔絵(まきえ)の技法を習得します。基礎となる技術を覚えるまで時間がかかることが、ほかのゼミと異なる特徴でしょうか。
私は「宇宙」をテーマに創作を行ってきました。天体が好きだったこともあり、宇宙に「生かされている」と感じることが多く、宇宙の不思議な力を表現しようと思いました。
テーマに沿って、県展への出品作品を作ったり、卒業研究の作品を制作しました。
漆芸の素晴らしさは、作り上げるのに手間はかかりますが、かけただけいい作品になることですね。
愛着も出てきます。塗りの厚さだけでも、作品の味わいが変わってきます。
一月に東京で開かれた「テーブルウェアフェスティバル」では、ゼミ生の作品が注目されました。
職人さんとの商品開発も進めています。私も卒業後は、会津の漆器の技術を学ぶ学校に通います。
ゼミでの作品製作を通して、技術だけでなく、物事を深く考える力を身に付けることもできたと思います。
一年生やこれから入学する学生にも漆芸の魅力をもっと知ってもらいたいです。

2009年2月1日の福島民友新聞に掲載されました!

東京ドームテーブルウェアフェスティバル出展の様子が、福島民報新聞に掲載されました。

ntnews090201.jpg

内容は以下のとおりです。

———————–

会津漆器が人気
「テーブルウェア・フェス」 東京

国内最大級の器の祭典といわれる「テーブルウェア・フェスティバル」は三十一日、東京・文京区の東京ドームで開催、会津漆器が人気を集めている。八日まで。
読売新聞社などで組織する実行委員会の主催で、十七回目。巨大なドーム内には二百以上のブースが設けられている。
会津漆器は個人商店のほか、会津漆器の革新を目指す職人で組織する「會’s NEXT(あいづねくすと)研究会」が出展している。
同研究会は、全国のデザイナーやプロデューサーらと協力して時代に合った商品開発を進めている。
初出展の今回は、伝統を重視しながらも、現代生活にマッチした鉢、杯、はし、角皿などを出品、毎回三十万人を超す
という来場者の目を引きつけている。

2009年1月29日の福島民報新聞に掲載されました!

東京ドームテーブルウェアフェスティバル出展のニュースが、福島民報新聞に掲載されました。

ntnews0901291.jpg

内容は以下のとおりです。

———————–

會’s NEXT研究会
31日から東京ドームで開催 「テーブルウェア・フェス」初出展

会津漆器の革新を目指し、平成十八年に地元の職人らが結成した「會’s NEXT研究会」(細谷誠会長)が、三十一日から東京の東京ドームで開かれる国内最大級の器の祭典「テーブルウェア・フェスティバル2009」に初出展する。
研究会は、現代生活にマッチした商品づくりをテーマに、若手デザイナーやインテリアの専門家らと商品開発を進めてきた。今回初めて、実際の販売の場にデビューする。
若手デザイナーと開発した商品五十五点を販売するほか、会津大短期大学部産業情報学科デザイン情報コースと連携開発した試作品六点を展示する。
フェスティバルは八日まで。

NHK東北にて特集されました!

NHKの「ウィークエンド東北」にて特集していただきました。