“The Daily KOGEI”で會’s NEXTの取り組みが紹介されています

東京在住のデルソ・リオネルさんというフランス人の方が運営されている工芸ニュース発信サイト「The Daily KOGEI」にて、
會’s NEXTの取り組みが紹介されています!

デルゾ・リオネルさんは、東京の書店でorahoを手にしたことがきっかけで、
会津の漆について記事を書かれたそうです。

その内容としては、
会津のいいものを取り上げている「oraho」について、歴史ある漆の文化について、また、11月23日まで開催されていた「会津・漆の芸術祭2011」についても紹介がされています。

その中で、會’s NEXTと源吉兆庵のコラボレーション「和黑シリーズ」の商品写真が掲載されており、
新しい伝統を創っていく私たちの取り組みについてもいくつか触れられています。

そしてなによりも、記事のタイトルとなっている「Crying for AIZU」…会津のために泣いて。
つまり、「会津の三泣き」についても大変な興味を抱かれたようですね^^

初めはよそ者扱いに泣き、
住めば気候・風土の厳しさに泣き、
去るころには、会津の人の人情が忘れ難くて泣く。

これが「会津の三泣き」と呼ばれているものです。
県外の方はもちろん、海外の方にも、趣深さを感じて頂けたのではないかと思います。



海外の方も目を向ける日本の伝統工芸・漆。

大量生産・大量消費の時代にピリオドを打ち、
ひとつの上質なものを生涯長く使ってゆく生活の仕方にシフトチェンジしつつある現代では、
「漆」という素材は日本だけでなく世界中から注目されるべきものではないかと思います。

世界で一番古い漆の利用が発見されたのは9000年以上も前のもの。

縄文時代から漆は存在していたという事実。
縄文時代の人々の生活の一部にあったとされる漆が、現代まで残り発見されたという事実。

漆の持つ歴史の長さ、本物の強さを物語っていますね。

漆が古の人々の生活に寄り添っていたように、
この現代でも、漆がより多くの人々の生活の一部となるよう、
国内外を問わずもっと世の皆様に漆の素晴らしさを伝えていきたいと感じました。

「伝統工芸観光コンシェルジュ」研修ツアーの様子が、2011年2月28日の福島民報に掲載されました!

先日行われた会津伝統工芸観光コンシェルジュの会津漆器工房研修ツアーの様子が、2011年2月28日の福島民報に掲載されました!

観光ガイド新聞記事

記事の本文は以下の通りです。

---------------------------------

極上の会津プロジェクト協議会 伝統工芸ガイド育成 

会津漆器、本郷焼など実地研修を交え学習
観光の新たな目玉

 会津十七市町村などでつくる「極上の会津プロジェクト協議会」は、観光客に会津の伝統工芸を専門に案内するガイドを育成している。平成二十二年度からの事業で、初年度は公募の六人がガイドを目指して勉強している。
 ガイドは市町村の枠をっ超えて伝統工芸を観光客に有料で案内する。専門ガイドによる案内を観光プランに盛り込むことで、新たな魅力を作ろうと企画された。会津若松市のベンチャー企業・明天が委託を受けて取り組んでいる。
 ガイドは複数回の講習を受けた後、試験に合格すれば認定される。講習は昨年十二月に始まり、受講者は会津漆器と会津本郷焼を中心に学んでいる。一回目の試験は来年度に行われる予定だ。
二十六日には会津若松市の漆器店などで実地研修が行われた。受講者は会津塗や蒔絵(まきえ)職人の工房を見学。鈴善漆器店では希望者が蒔絵を体験し、会津漆器の技法を直接学んだ。次回は三月十日で、会津漆器の歴史などを学ぶ。
明天の貝沼航社長は「五十人を目標に育成していきたい。将来は会津観光の目玉にしたい」と話している。

「伝統工芸観光コンシェルジュ」研修ツアーその③~蒔絵師・本田充さんの工房~

11日に発生した東北地方太平洋沖地震から、もうじき二週間になります。
この度の大震災でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

震災から二週間近くになりますが、悲しい報道が連日流れています。
ですが、少しでも福島の元気を取り戻せるように日々頑張ってまいりたいと思います!

***************

今回も「伝統工芸観光コンシェルジュ」研修ツアーの様子をお伝えします!
研修ツアーの最後に皆さんで回った工房は、蒔絵師・本田充さんの工房です。

IMG_4796

ご自宅で蒔絵のお仕事をなさっている本田さん。
まず最初は、蒔絵についてのお話やどのようなものを描いているのかをお話してくださいました。

IMG_4804

金や銀の輝きが美しい本田さんの作品に魅入っている研修生の皆さん。
丁寧に描かれた紅葉や桜の絵は、季節感を感じさせ、器の魅力をより引き立てています。
思わず「ほしい!」という声も飛び出すほど素晴らしい作品!

IMG_4822

そうしてお話を聞いた後は、仕事部屋を見せていただきました。
本田さんの工房では、手描きの蒔絵とシルクスクリーンを使用した蒔絵の両方を行っています。
シルクスクリーンの手法も、版を重ね高度な技術を必要とする事を知って皆さん驚いた様子。
立体感が表現されたシルクスクリーン蒔絵はとても綺麗で、「下絵はシルクスクリーンで量産できるけど、その後に蒔絵粉を蒔くのはひとつひとつ手仕事。その工程は手描きの蒔絵と変わらない」と教えてくださる本田さんのお話を聴いて、手描きと同様に手間をかけて仕上げられていることを学びました。

IMG_4830

次は手描きの蒔絵の様子を見せてくださいました。

IMG_4837

皆が固唾をのんで見守る中、蒔絵筆を使ってゆっくりと絵を描いていく本田さん。
流れるような筆さばきに注目していると・・・なんと桜の絵が描かれていました^^
その途端、研修生たちの間からは「おお~!」と感嘆の声が!

IMG_4847

次に本田さんが見せてくださった蒔絵は、まるで金の粉が舞っているような模様。
しかもその模様を付けるために取り出したものは、なんとスポンジ!
「それ私の家にもある!」と驚く声が飛び出す中、身近にあるものを使ったりと皆さん工夫をして行っていることが分かりました。

IMG_4850

本田さんは、蒔絵に使う道具も見せてくださいました!
金や銀を細かくした蒔絵粉や、その粉を蒔くための粉筒。
金を薄く伸ばした金箔の綺麗さに、研修生は身を乗り出して見入っていました。

IMG_4860

IMG_4841

蒔絵師さんの滑らかな筆さばきに感動し、蒔絵がどうやって描かれていくのかを初めて間近で見て知ることができた、本田さんの工房見学。
木地師の三浦さん、塗り師の吉井さんの工房も見学し、研修生の皆さんは会津漆器の魅力にどっぷりとつかってくださったようです^^

熱い想いを抱き制作に励む職人さん達の姿。
そして長い長い時間をかけて丁寧に仕上げられていく漆器の奥深い魅力。
その魅力は、こうしてひとつひとつ出来上がっていく過程にも山ほど存在していることを知り、研修生の皆さんはとても勉強になった様子でした!

こうした機会を通して、これからも会津漆器の魅力を皆さんにお伝えしていきたいと思います^^

「伝統工芸観光コンシェルジュ」研修ツアーその②~塗り師・吉井信公さんの工房~

前回に引き続き、「伝統工芸観光コンシェルジュ」研修ツアーの様子をお伝えします!

木地師の三浦圭一さんの工房の次に訪れたのは、塗り師の吉井信公さんの工房です。

 IMG_4729

 IMG_4747

ご自宅で塗りのお仕事をなさっている塗り師の吉井さん。
笑顔で出迎えてくださった吉井さんに案内され、仕事部屋にお邪魔すれば、そこには色とりどりの素敵な作品が!
吉井さんは、会津独自の技法である「金虫喰い塗」や独自の「変わり塗」を行うプロフェッショナルです。

          IMG_4734

仕事部屋の奥の方には、金虫喰い塗の工程を解りやすく並べた器達がずらり。
興味深げに覗き込む研修生たちを前に、吉井さんが早速金虫喰い塗の工程を教えてくださいました。

          IMG_4742

 IMG_4739

吉井さんを囲んで、金虫喰い塗の工程に興味津々で耳を傾ける研修生の皆さん。
初めて見る金虫喰い塗の工程に、「まさかこんなにも沢山の工程があるなんて!」と皆さん感心して見入っていました。
48にものぼる工程を経て完成するには、1ヶ月はかかるという金虫喰い塗。
この技法を行っている職人さんは、今では二人ほどしかいらっしゃらないそうです。
独特なその模様は大麦を蒔いているからということや、銀粉を蒔いた後に飴色の透き漆を塗ることで“金色”が表現されていることも知り、今まで知らなかった発見の連続!!
塗りという仕事が、とてもとても長い時間をかけて行われていることを学びました。

 IMG_4749

 IMG_4782

他にも、お椀などを塗る際に昔使用したろくろや、塗り終わったお椀を乾かす際にひっくり返す職人技などを見せてくれた吉井さん。
そして先代からの時代を感じさせる漆風呂の中は、戸を開ければまさに宝の山!
熟練の職人さんによる多様な器の数々に、研修生の皆さんも目を丸くしていました。

          IMG_4754

 IMG_4772

そして吉井さんの作品を囲んでの質問タイム!
とは言っても、これまで説明をしてくださっていた間にも既に皆さんからたくさんの質問が出ていました^^
吉井さんの楽しいお話で、工房内はとっても和やかムード。
時折賑やかな笑いが起きる中、吉井さんは皆さんの質問に答えたり、塗りに使う「濾し紙」という和紙やお椀を塗る際に棒に固定する「きゃら」という蝋等についてお話してくださったりと、沢山のことを教えてくださいました。

IMG_4778

研修が終わるころには、吉井さんの素敵な作品にすっかり魅了された研修生もおり、皆さん笑顔で吉井さんの工房を後にしました。
吉井さん、この度は見学をさせてくださりありがとうございました!!

次は蒔絵師・本田さんの工房での様子をご案内します^^

『デザイナーズFILE 2011』に、デザイナー手島彰氏がデザインを手がけた「和黑懐石」が掲載されました!

ソフトバンククリエイティブ発行の『デザイナーズFILE 2011』(p196-P197)に、デザイナーの手島彰さんが紹介されております。
その活動の一つとして、手島さんにデザインを手掛けていただいた會’s NEXT×源吉兆庵タイアップ漆器「和黑懐石」も掲載されています。

          デザイナーズファイル

『デザイナーズFILE 2011』

(以下紹介文:ソフトバンククリエイティブHPより)
—————————————–
日本のモノ作りとデザインの最先端が分かる

本書は、日本の最先端を走るデザイナー約130人が手がけた旬の製品や作品を、豊富なカラー写真で紹介しています。プロダクト、インテリア、工業製品・・・そのデザインクオリティの高さに改めて気付くことでしょう。
デザイナーズFILE 2011 は、家電、インテリア、日用品、工業製品など、モノ作りで日本の最先端を切り拓いているデザイナー約130名の最新の仕事をパッケージしています。

・最先端の日本デザインの写真集として
・デザイナー探しを検討されている企業の皆様のガイドブックとして
・学生などデザイナー予備軍の皆様の指標として

本書はさまざまな視点でご活用いただけます。

日本のモノ作りは世界で最高水準をキープしています。工場などの生産拠点は中国などにシフトしても、その企画力、開発力、そしてデザイン力は、他を一歩も二歩も抜きん出ています。

—————————————–

まさに全国の著名なデザイナーが名を連ねる一冊です!
インテリアや自動車や家具など、斬新で洗練されたデザインの数々は見ているだけでとても面白く、お勧めです。
デザインに興味がある方も、インテリアなどが好きな方も、ぜひご覧になってみてください^^

「伝統工芸観光コンシェルジュ」研修ツアーその①~木地師・三浦圭一さんの工房~

先月末に、「伝統工芸観光コンシェルジュ育成事業」の研修生の皆さまが會’s NEXT職人さんの工房を巡る研修ツアーがありました!

「伝統工芸観光コンシェルジュ育成事業」とは、「極上の会津プロジェクト協議会」(会津17市町村や観光関係団体約70団体で組織、事務局:会津若松市観光課)が中心となって行っている、伝統工芸の観光ガイドを育成する事業です。
会津の伝統工芸について学ぶべく、研修生の皆さんは先日会津本郷焼の研修を行い、今回は会津漆器の研修を行いました!

会津漆器の研修では木地師・塗り師・蒔絵師の工房を順にめぐっていきましたが、今回はまず最初に訪れた木地師さんの工房見学の様子をご報告します^^

 IMG_4631

訪れたのは、木地師の三浦圭一さんの工房です。
工房の前にずらりと並び、三浦さんからの説明を聴く研修生の皆さん。
そしてさっそく三浦さんの工房内に案内していただき、両側にずらりと並ぶ乾燥中の木地の山にびっくり!

 IMG_4639

          IMG_4656

雰囲気のあるストーブで暖かい工房内では、三浦さんが道具のカンナボウの説明をしてくださり、木地が出来上がるまでの工程を説明してくださいました。
木地を挽くためのカンナボウは木地師さん自ら制作しているとのことで、工房には鍛冶場もあるというお話を聞いてあがる驚きの声!

 IMG_4671

その後は三浦さんが直接木地を挽いて見せてくださり、研修生の皆さんも身を乗り出して見学。
普段はなかなか見る機会の無い木地を挽く場面に皆さん興味津々の様子で、三浦さんが木地を挽いていく過程を一心不乱にじっと見つめていました。

 IMG_4675

 IMG_4689

その後は職人さんへの質問タイム!
「ひとつの木地を仕上げるまでのどのくらい時間がかかるんですか?」「何年くらい木地を乾燥させているんですか?」と、研修生の皆さんからは次々と質問が飛び出します。
三浦さんの工房には50年以上も乾燥させている木地もあり、使用する木も100年以上経った栃やケヤキなど。
気の遠くなるような年月を感じさせるお話に、研修生の間からも感嘆の声が漏れます。

          IMG_4710

木地のお話を聞いた後は、三浦さんが木地を乾燥させている場所を見学させてくださいました。
20年以上も乾燥させている木地が並ぶ様子は、まさに“木地のワインセラー”。
「こんな情景を見られるなんて感激です」と、頭上にも連なる木地の山に、皆さんは圧倒された様子で周囲を見渡していました。
昭和の色あせた新聞が貼られた木地を見て驚きの声があがり、研修生の皆さんは、木地にかけられた長い時間を改めて感じていました。

 IMG_4724

会津漆器の土台ともいえる木地が仕上がるまでの様子を、直接目で見て学ぶことができた三浦さんの工房での研修。
初めて耳にする木地の乾燥のお話や木地制作のお話など、直接職人さんから説明を聴いて、皆さんとても勉強になった様子でした。

三浦さん、この度は本当にありがとうございました!!

次回は塗り師の吉井信公さんの工房見学の様子をお伝えします^^

会津漆器技術後継者訓練校の第七期生終了制作展がありました!

2月23日(水)~2月27日(日)に、会津町方伝承館にて会津漆器技術後継者訓練校の「第七期生終了制作展~まだまだ会津は終わらない!!~」がありました!

IMG_9842

2年間、塗と蒔絵の技術を学んできた5人の訓練生達の作品が並び、会場はたくさんの来場客で賑わっていました。
会場に飾られた写真には、訓練生達に会津漆器の技術を教えてきた會’s NEXT職人さんの姿も!
會’s NEXTの木地師さんとのコラボレーション作品もあり、職人さん達から熱心に指導を受けてきた訓練生達の様子がうかがえました。

IMG_8403

個性的なタイトルに、個性的な色彩。
アーティスティックな絵画調の蒔絵作品や色鮮やかな金虫喰い塗のお椀、斬新な布目のお盆や塗りの重箱など、「使ってみたい!」と思うような作品が並んでいました。
訓練生達それぞれのアイディアが感じられる作品達は、伝統的な技術と新しい発想が融合されており、観る側も楽しくなるような作品ばかりでした!

IMG_9859

訓練生の皆さん、2年間本当にお疲れさまでした!
これからも個性あふれる作品を発信していってくださいね^^

會’s NEXT職人さんのブログをご紹介します!

ここ数日は暖かな日が続いておりますね!
積りに積もった雪も溶けそうな勢いですが、まだまだ油断はできません・・・!

さて、今回は會’s NEXT職人さんの本田充さんがブログを開設されましたので、ご紹介します^^
日常のことや会津漆器や蒔絵について書かれておりますので、蒔絵師さんの日常をどうぞご覧ください♪

蒔絵師 本田充さんのブログ「蒔絵師みつるの奮闘記」
蒔絵師みつるの奮闘記

會’s NEXT会長の荒井勝祐さんと副会長の儀同哲夫さんのホームページもございます!
工房でのお仕事についてや作品について掲載されておりますので、こちらもどうぞご覧ください☆

木地師 荒井勝祐さんのホーム―ページ「丸祐製作所」
丸祐製作所

塗り師 儀同哲夫さんのホームページ「儀同漆器工房」
儀同漆器工房

今年最初の定例会を行いました!

真っ白な雪景色、カチンコチンに凍った地面と格闘する毎日です。
そんな厳しい寒さにも負けず、會’s NEXTでは先日今年最初の定例会を行いました!

IMG_4189

定例会に集まった皆さんに、まずは嬉しいお便りが!
先日、會’s NEXTの商品をご購入くださったお客様が、ご感想を書いて送ってくださいました^^
そのほっこりするような暖かいお葉書を、皆で共有し合いました。

IMG_4201

そして先日参加した「デザインウィークinせんだい2010」でいただいた、會’s NEXTへのご感想やご提案も皆で改めて確認しました。
中には厳しいご意見やなるほどと考えさせられるようなご感想もあり、これからの會’s NEXTのものづくりにとても参考になる内容でした。
「デザインウィークinせんだい2010」にご来場くださった皆さま、ご意見やご感想をくださった皆さま、ありがとうございました!!

IMG_4195

IMG_4200

今回は定例会を行った後、源吉兆庵タイアップ企画に携わってくださった方や漆の芸術祭でお世話になった方等、会津で日頃會’s NEXTの活動を応援してくださっている方々をお迎えし、新年会も行いました!

IMG_4223

IMG_4227

今回ご参加いただいた方は、
ハイテクプラザ会津若松技術支援センター 渡部所長様、宇野様
元ハイテクプラザ会津若松技術支援センター 専門研究員 竹内様
福島県立博物館 川延様、小林様
会津若松市役所商工課 小椋様、三浦様
会津食のルネッサンス 代表取締役 本田様

皆さまお忙しい中ご参加くださり、誠にありがとうございました!!

IMG_4229

ゲストの皆さまからお言葉を頂戴し、いざ乾杯!
ゲストの皆さまと職人さん達は、新年会が始まるや大盛り上がりです^^

ですが賑やかに盃を交わしながらも、途中では源吉兆庵タイアップ企画の報告も行いました。
會’s NEXTなじみのお店、薬膳・古川さんにお願いし、源吉兆庵タイアップ企画で制作した「和黑懐石」の器で特別にお料理を出していただきました!

IMG_4208

IMG_4235

IMG_4280

會's NEXTの職人さんも一人ずつコメントをして、會's NEXTのことや今回のタイアップ企画の感想や想いなどをお話しました。
ゲストの皆さまも職人さんも、ほろ酔いながら熱く語ってくださいました!!

IMG_4255

IMG_4256

途中では、銀座の源吉兆庵さんで「和黑懐石」を提供した結果の報告書を皆さまにお配りし、その成果をご報告しました。
「和黑懐石」の成果については、また改めてブログにてご報告致します。

IMG_4242

昨年のご報告をしつつ、気持ちも新たに今年の意気込みを熱く語り合った定例会と新年会。
會’s NEXTは、皆さまのご意見や励ましのお言葉を糧に今年も日々前進して参ります!!

IMG_4232

展示会のお知らせです!

會’s NEXT職人の三浦圭一さんが参加する展覧会が開催されますので、ご紹介いたします!

縁結び展示表

縁結び展裏

「お結び展」

お客様と作家とギャラリーのご縁を結び、今年を締めくくる《お結び展》。ギャラリー開設30年目の今年、久々に開催いたします。工芸中心に約30名の作家にお願いし、陶芸、漆芸、金工、木工、皮革、染織の分野にあたり、大は家具類から小はアクセサリーまでいろいろユニークな作品をご用意いたしました。クリスマスや年始のプレゼントにも最適な新しい作品との出会いをお楽しみいただければ幸いです。(DMより抜粋)

《開催期間》2010年12月8日(水)~2010年12月22日(水)
《開催時間》AM10:00~PM7:00(最終日5時終了)
《会場》世界観ギャラリー (東京都千代田区神田小川町3-28-13)
《お問い合わせ》ギャラリー間瀬 03-3233-0204

どうぞお誘い合わせの上ご覧ください^^