「うるしカフェin会津・漆の芸術祭」今回は喜多方で開催しました!

11月7日(日)は、喜多方市で「うるしカフェin会津・漆の芸術祭」を開催してきました!

IMG_1089

担当の會’s NEXT職人さんは、会長の荒井 勝祐さんと副会長の本田 充さん
ストーブの暖かさに包まれた会場には、お二人の素敵な作品がずらりと並びました!

IMG_3381

IMG_3380

そして今回はいつもとちょっと違った『うるしカフェ』。
会津・漆の芸術祭に参加されているアーティストと一緒に、同じ空間で開催しました!
趣のある蔵の中では、會’s NEXTのほかに二組のアーティストがいらっしゃいました。

IMG_3393

IMG_3396

今回會’s NEXTがご一緒させていただいたのは、針と糸で木目を縫うことで作品を制作しているアーティストの柵瀨茉莉子さんと、漆を用いて甲冑を制作したAizartの皆さんです。
皆さんのワークショップや展示と一緒の空間で、うるしカフェを開催!
会場は始終和気あいあいとした楽しい空間になりました^^
ご来場いただいた観光客の皆さまは職人さんが出題する『うるしクイズ』や解説にとても興味を持ってくださり、漆コーヒーを片手にみんなで覗き込むようにして職人さんの話に耳を傾けていらっしゃいました。
漆コーヒーもあっという間になくなり、いつもより時間を延長しての開催になりました^^

IMG_3410

IMG_3398

「うるしカフェin会津・漆の芸術祭」も残すところあと2回です!
次回は11月13日(土)の14時~15時、会場はいつもの「ギャラリー夢蔵」さんになります^^
ぜひ遊びにいらしてくださいね☆

会津ブランドものづくりフェア2010、今年も『うるしのトリビアクイズ』大好評でした!

先週末の10月30日(土)と31日(日)は、「会津ブランドものづくりフェア2010」が開催されました!
會’s NEXTもブース出展し、今年も『うるしのトリビアクイズ』と『うるしカフェ』を行いました。

PA318383 - コピー

今年の展示は會’s NEXT×源吉兆庵のコラボレーション漆器「和黑懐石揃え」の展示と「和黑シリーズ」の展示、そして會’s NEXT職人さん達の漆器がずらり。
「和黑懐石揃え」の展示では、今年の2月からスタートしたプロジェクトの様子や源吉兆庵で現在提供されている「和黑懐石」をパネルで紹介し、デザイナーの手島彰氏がデザインを手がけた器を展示しました。

IMG_0968

そして30日(土)は13時から、31日(日)は11時と13時からの計三回、サイエンス・コミュニケーターの福島郁子さんと會’s NEXTの職人さんによる「うるしのトリビアクイズ」が開催されました!

IMG_2786

IMG_2864

たくさんの参加者の皆さんに囲まれた會’s NEXTのブース。
皆さん「うるしのトリビアクイズ」の三択問題で使う札を手にわくわくした様子です。
そしていよいよ「うるしのトリビアクイズ」が始まると、漆の珍しい三択クイズに驚きの声が!
特に『塗りの刷毛は何の動物の毛でできているでしょう?』という問題や『蒔絵の筆は何の動物の毛でできているでしょう?』といった動物の毛シリーズ問題は、皆さん実際に塗り刷毛や蒔絵筆を手に「う~ん」と思案顔。
「会津に居る動物ですか?」とヒントを求める声もあがり、なかなかの難問に皆さんの表情も真剣そのもの。

そして回答を聴いて会場が湧いた後は、職人さんからトリビア満載の解説が!

IMG_2931

IMG_2803

普段はめったに聞けない漆の珍しいトリビア話に、参加者の皆さんもびっくりしたり感心したり・・・。
全部で5問ずつの「うるしのトリビアクイズ」でしたが、とっても楽しんでいただけた様子で皆さんも職人さんも笑顔でした。

IMG_2886

IMG_2943

「うるしのトリビアクイズ」開催時間以外でも、會’s NEXTブースは始終賑わっていました!
理由は「漆コーヒー」と「漆蜂蜜」。
初めて飲む漆コーヒーに、皆さん「かぶれない?」と笑いながらもチャレンジ!
コーヒーのようなお茶のような・・・そんな不思議な漆コーヒーの味に、「健康茶みたい!」と気に入ってくださった方もたくさんいらっしゃいました♪

IMG_2779

たくさんのお客様にご来場いただいた會’s NEXTブース。
漆の意外な楽しみ方を通じて皆さまに漆の魅力を感じていただけるよう、これからもイベントを開催してまいります☆

「会津ブランドものづくりフェア2010」搬入してきました!

「会津ブランドものづくりフェア2010」の前日。
会場の会津ドームでは、會’s NEXTの職人さんが全員集合で搬入を行いました!

IMG_2637

今年も會’s NEXTのブースは、ひときわ目立つ“ウコン色”です。
見ているだけで元気がでるような明るい色に囲まれて、職人さん達がさっそく皆でレイアウトを検討。

IMG_0933

IMG_0935

慣れた手つきで展示台を仕上げていく様子はさすがです!!

IMG_2652

IMG_2669

あっという間に展示台が完成し、今度は展示品を並べていきます。
まずは會’s NEXTの新作!源吉兆庵さんとのコラボレーション漆器「和黑懐石揃え」

IMG_2656

IMG_2687

レイアウトについてお互いに意見を出し合いながら漆器を並べていきます。
配置にも光る職人さんのセンス!

「和黑シリーズ」の作品や、それぞれの作品も並べ終えた後は全員で明日からの「うるしのトリビアクイズ」のミーティングです。
周りのブースの出展者の方々も搬入を終えて帰りだす中、最後まで皆でミーティングを行いました。

IMG_2691

さて、明日からはいよいよ「会津ブランドものづくりフェア」本番です!
完成した會’s NEXTブースの様子はぜひ会場でご覧ください☆
お待ちしてます!!

会津ブランドものづくりフェア2010に今年も参加します!

10月30日(土)と31日(日)の「会津ブランドものづくりフェア2010」に、今年も参加します!

mon1

今回も「うるしのトリビアクイズ」を開催!
サイエンス・コミュニケーターの福島郁子さんをお迎えし、會’s NEXTの職人さんが漆の面白い話をしてくれます☆
→昨年度の「うるしのトリビアクイズ」の様子はこちら

★開催日時
 10月30日(土) 午後の部・・・13:00~

 10月31日(日) 午前の部・・・11:00
            午後の部・・・13:00~
  ※うるしのトリビアクイズはそれぞれ約30分程度になります。

★会場
 会津ブランドものづくりフェア2010 會’s NEXTブース
 鮮やかな黄色のブースです♪

全問正解者には、職人さんからの素敵なプレゼントもあります!
「えっ!」と驚く漆のトリビアクイズ、ぜひ職人さんとご一緒にお楽しみください^^

「うるしカフェ」では、漆の実のコーヒー漆の蜂蜜をふるまっております☆
ぜひ味わってみてくださいね^^
展示スペースでは、會’s NEXT×源吉兆庵のコラボレーション漆器「和黑懐石揃え」もお披露目。
他にも“和黑シリーズ”の文具や會’s NEXT職人さんの作品を展示しております!

PA256810

お子さんも楽しめる會’s NEXTの「うるしのトリビアクイズ」。
ぜひご家族で会場に遊びにいらしてください♪

「うるしカフェin会津・漆の芸術祭」第4回目を開催しました!

先週土曜日の23日は、第四回目の「うるしカフェ in 会津・漆の芸術祭」を開催しました!
今回の担当はベテラン塗り師の吉井信公さんと蒔絵師の大竹信一さん
開催時間になると同時にたくさんの方が遊びに来てくださいました!

IMG_0892

観光で会津にいらっしゃった方や芸術祭を見にいらっしゃった市民の方、アーティストや職人さんなど、ご来場くださった皆さんは漆に興味津々の様子。
初めて味わう漆の実のコーヒー漆蜂蜜に驚かれたり、吉井さんと大竹さんによる漆器の工程やトリビアクイズの解説を身を乗り出して聴いていらっしゃいました^^

IMG_0902

IMG_0894

「こうして職人さんから直接話を聴く機会なんて滅多にないから、とても面白かった!」
観光でいらっしゃった方々も、いい思い出になったと皆さん笑顔でおっしゃってくださり、こちらも嬉しくなりました^^
確かに漆器のお店に行っても、作り手からマニアックな漆のお話を聴ける機会はあまりないですよね。
お客さんにこうしたご感想を頂いて、改めてうるしカフェの面白さを実感しました!

IMG_0898

回を重ねるごとにどんどん面白さが増していく「うるしカフェ」。
そして次回は10月30日(土)・31日(日)の「会津ブランドものづくりフェアものづくりフェア」会場で開催します!
どうぞお気軽に遊びにいらしてくださいね☆

「うるしカフェin会津・漆の芸術祭」第3回目を開催しました!

16日の土曜日は、「うるしカフェin会津・漆の芸術祭」の第3回目を開催しました!
今回担当してくださった職人さんは、塗り師の舟窪 勇さんと、同じく塗り師の細谷 誠さんでした!

IMG_0826

塗り師のお二人が担当のため、この日の会場にはぴかりと輝く塗りの作品がずらり。
「今日は塗りの日です!」と、ご来場の方々に笑顔で声をかける舟窪さんの言葉の通り、黒や朱や鮮やかな色漆の漆器が並びました。

IMG_0827

IMG_0849

今回は14時の開催と同時にたくさんの方が遊びにいらっしゃいました^^
ご来場の皆さまからはさっそく漆器の工程についての質問や作品への質問が飛び出し、職人さんも笑顔で答えていました。
「うるしカフェin会津・漆の芸術祭」ではタイミングが合えば職人さんを独占!できますので、来場された方もここぞとばかりに職人さんに漆に関して質問をしていらっしゃいました^^
会津漆器の歴史や特徴についてなど、舟窪さんと細谷さんはとても丁寧に説明をしてくださり、奥の方では細谷さんの楽しいお話で“うるしクイズ”も大盛り上がり☆
「一番楽しかった!」「こうして話を聴いて、漆器の良さがよくわかった」とおっしゃってくださる方もいらっしゃって大感激でした!

IMG_0850

漆の実のコーヒー漆蜂蜜を味わいながら、職人さんと身近にお話ができる「うるしカフェin会津・漆の芸術祭」。
次回は10月23日(土)の14時~15時に開催します!
漆の実のコーヒーを片手に、職人さんとどっぷり漆のお話をしてみませんか??

「うるしカフェin会津・漆の芸術祭」第2回目を開催しました!

先日10月9日(土)に、第2回目の「うるしカフェin会津・漆の芸術祭」を開催しました!

IMG_0745

今回担当してくださった職人さんは、儀同哲夫さんと前回に引き続き吉井信公さんです。
当日はあいにくの雨でしたが、ご来場くださったお客様と職人さん達とで会場は和やかな雰囲気。
漆の実のコーヒー漆蜂蜜を味わっていただきながら、中央のテーブルにずらりと並ぶ儀同さんと吉井さんの作品、そして漆の道具を囲んで「うるしのトリビアクイズ」をお楽しみいただきました♪

IMG_0767

IMG_0762

「うるしのトリビアクイズでは」、職人さんのお話を聞いてお客さんからも驚きの声が続出。
毎回担当の職人さんによってお話の内容も違うので、事務局もいつもとっても勉強になっています!
漆の道具も「これってどうやって使うの?」というものばかりなので、お客さんも興味津々。
漆について何か知りたいことがありましたら、ぜひ職人さんに聞いてみてくださいね^^

IMG_0758

次回の「うるしカフェin会津・漆の芸術祭」は10月16日(土)の14時~15時です!
漆を身近に感じられるうるしカフェ、ぜひお気軽の遊びにいらしてくださいね♪

會’s NEXTと源吉兆庵がコラボレーションした「和黑懐石コース」の提供が始まりました!

2010年10月1日から、會’s NEXTと銀座の高級和食店「源吉兆庵」とのコラボレーション懐石料理の提供が始まりました!

“会津の三泣き”をイメージした《和黑懐石》

2010 年10 月1 日から12 月20 日までの3 ヶ月間限定の懐石料理が誕生しました。
その名も「和黑懐石」(わくろかいせき)です。

IMG_2042

【デザイナー手島 彰さん×會’s NEXT】

人気車「インプレッサ」のデザイナー手島 彰さんがデザインした器を、會’s NEXTの職人達が制作した「和黑シリーズ」の漆器。
「和黑シリーズ」とは、“漆の黒”を生かして塗りの良さを引き出し、“手仕事”にこだわって職人が一品一品丁寧に仕上げた、會’s NEXTオリジナルの漆器シリーズです。
その完全オリジナルの漆器を用いて、今回銀座の高級和食店「源吉兆庵」さんとのコラボレーションが実現しました!

■デザインコンセプト■
会津の地域の人情と風土を表した「会津の三泣き」から「三涙」をデザインコンセプトとしています。水面に落ちる涙の波紋を造形や蒔絵に取り入れ、涙形の汁碗では外側が気候風土の厳しさ、内側に優しさを表しています。
料理と漆器にリズムを加えるために、漆で表現できる様々な色や技法を駆使しています。数十年ぶりに蘇らせた鉄錆塗、また未来を予感させる青漆ブルーダイヤで、會’s NEXTの「伝統と革新」、和モダンのデザインの世界をご堪能ください。 (手島 彰さん)

《涙椀/吸い物椀》 IMG_0106
蓋の表にある“風”は会津の厳しい気候を表現。蓋を開けた後の御椀の淵のきらめきにハッとし、会津の中に入って判る人情を表現。蓋を裏返すと涙の波紋で、会津の人情に触れ別れを惜しむ様子を意味しています。

《涙波/平皿》 IMG_0005 IMG_0197
平皿は、会津の猪苗代湖に落ちた涙を波紋で表現。赤べこを連想させる鮮やかな朱の色合いと、会津の伝統的な技法“鉄錆塗り”を復活させています。

《涙酒/お猪口》 IMG_0126
涙椀と同じく、会津の三泣きを蒔絵で表現したお猪口です。コース料理では形が違う3種類のお猪口を一組にして、お料理の器としてご提供しております。

《涙扇/小盆》 DSCF0769
涙のしずくを波紋の蒔絵で表現した、モダンな扇型の小盆です。カジュアルにもご使用いただくことができるデザインです。

《悲喜十色/銘々皿》 IMG_0062
会津を離れる時の涙を「想い出」になぞらえ、会津の伝統技法である「金虫食い」の柄の様に“喜び=金”“悲しみ=黒、茶”で表現しております。

《ブルーダイヤ/銘々皿》 IMG_0172
會’s NEXTの儀同哲夫さんが平成19年度「全国伝統的工芸品公募展 -第32回全国伝統的工芸品コンクール-」で最高賞の「内閣総理大臣賞」を受賞した“ブルーダイヤ”。その深い漆の青色を用い、冬の猪苗代の湖面を表現しています。

【会津の郷土料理を銀座風にアレンジした「和黑懐石」】
会津には「会津の三泣き」という言葉があります。

「会津に来た時には、会津の閉鎖的な人間関係に泣かされ。
馴染んでくると会津人の人情の深さに泣かされ。
そして出ていくときは、会津人の人情が忘れがたくて泣く」

そんな会津の三泣きと“和黑シリーズ”の漆器を用い、銀座の「源吉兆庵」さんとのコラボレートで生まれたのが「和黑懐石」です。
「源吉兆庵」銀座本店がプロデュースする懐石「松濤」にて、会津の人情や風土を伝える「会津の三泣き」をコンセプトにした特別コース料理。
会津の郷土料理にヒントを得た懐石料理を、會’s NEXT がこの企画のために新たに製作した会津漆器で味わうことができます。

DSC07588

DSC07710

期間限定の「和黑懐石」。
「会津の三泣き」と「会津の郷土料理」、そして「会津の漆器」を通して、会津の人情や風土をぜひご堪能ください。

DSC07892

宗家 源吉兆庵 銀座本店 「松濤」
ディナーコース「和黑懐石」・・・10,500 円(税込)

●営業時間 :お食事(ディナー)
17:30~22:30(ラストオーダー 21:30)
●席数 4階 16席(個室)/5階 16席(個室)/6階 14席(堀ごたつ)
●定休日:無休(土・日・祝はご昼食のみの営業)
●所在地:東京都中央区銀座7丁目8-9
●電話番号: 03-3569-2361(ご予約受付)

源吉兆庵さんとのタイアップ漆器の発送を行いました!

先日は會’s NEXTの定例会がありましたが、その後すぐに「源吉兆庵」さんとのタイアップ漆器の発送を行いました!

IMG_2183

事務局のオフィスには、「源吉兆庵」さんとのタイアップ漆器『和黑(わくろ)』シリーズの箱がずらり。
こうして並ぶと迫力満点で壮観です。
デザイナーの手島彰さんがデザインされた『和黑』のロゴ。
箱のデザインも手島彰さんが手がけてくださいました!
シックな黒地の箱に、『會’s NEXT』の赤いロゴも入っています。

実はこの箱、先日の定例会で職人さんが仕上げたものなのです!

09244

09245

箱にあしらう『會’s NEXT』ロゴの配置を検討する職人さん達。
真剣な表情に、ここでもものづくりのプロ意識を実感しました。
そしてその後は皆さんで箱を仕上げていったのですが、その手際の良さも流石職人さん!
役割を分担し、手際よくかつ丁寧にひとつひとつ箱を仕上げていきました。
そして仕上がった箱が、こちらです!

09243

『和黑』の凛としたかっこよさと、会津の職人さんの熱い心がこめられた箱になりました。
漆器だけではなく、それを大切に保管する箱からも人の手のぬくもりが伝わってきます。

そんな手仕事感あふれる箱に納められた漆器は、銀座の「源吉兆庵」さんへと運ばれていったのでした。

2010年9月定例会を開催しました!(源吉兆庵タイアップ企画も大詰めです!)

町中ではそろそろ金木犀が香りはじめ、紅葉が楽しみになってきた会津です。
紅葉の赤と漆器の朱・・・そんな漆器が似合う季節を目前に、會’s NEXTの第6回定例会が開催されました!

0924

まずはじめに、先日銀座で行われた「源吉兆庵」さんとの打ち合わせの報告が行われました。
會’s NEXTとのタイアップ漆器をご覧になった源吉兆庵さんからいただいたご感想や、料理との組み合わせについてなど、とても良い反応をいただいたことを聞いた職人さん達の顔には笑顔。

09242

「職人だから、これまでは作るところまでしか見ることができなかった。けれどもこうしてどう料理が乗るのかまで見ることができて、とても良かった」
職人さんからはそんな言葉も出てきて、喜びを感じている様子が伝わってきました。

源吉兆庵さんでは、早速このタイアップ漆器を用いて会津をイメージしたコース料理を考えてくださいました!
その素晴らしさに職人の皆さんも「ぜひ多くの方に見ていただきたい」と大感激。
タイアップ漆器のコンセプトを、お客さんにお伝えしていけるようなパンフレットの制作も検討されました。

「源吉兆庵」さんとのタイアップ漆器も完成し、コース料理も10月からいよいよお披露目です!!

そして10月の会津は「漆」がますます熱いです!
10月2日から始まる「会津・漆の芸術祭」や10月30日と31日の「会津ブランドものづくりフェア2010」。
そのどちらにも會’s NEXTは出展致します!
今年も『うるしカフェ』を行いますので、どうぞお楽しみに!