デザインウィークinせんだい2010に出展してきました!

先週の12月10日~12月15日に、宮城県仙台市の「せんだいメディアテーク」にて「デザインウィークinせんだい2010」が開催されました!

IMG_1336

メディアテークの5階をすべて使用して開催された「デザインウィークinせんだい2010」。
会場では、東北の企業や大学などが展示を行い、デザインにまつわるセミナーも多数開催されました。

IMG_1335

IMG_1333

そして會’s NEXTは、会場に入ってすぐの東北の伝統工芸品を展示する「東北の新しい伝統工芸品展」のスペースに出展してきました!

IMG_1307

IMG_1308

會’s NEXTでは「和黑懐石」に使用した漆器を展示し、今回のタイアップ企画の紹介を行いました。
他にも、これまでに會’s NEXTがデザイナーとコラボレーションをして制作してきたおなじみの漆器達も並び、スペースがあっという間にいっぱいに!
黒と赤の色あいがとっても漆らしいブースになりました^^

IMG_1316

展示を見てくださったお客様は、會’s NEXTの活動を見て「凄く面白いことをしているね」ととても興味を持ってくださったり、デザイナーとコラボレーションした漆器に対し「今まで見たことが無い!こういう漆器も良い」とご感想をくださった方もいらっしゃいました。
和紙を重ねた器も「どんな素材を使っているんですか?」と見入っている方もいらっしゃったり、會’s NEXTの個性的な作品はとても好評でした^^

IMG_1313

會’s NEXTの取り組みをクリエイティブな活動として仙台の皆さまに評価をしていただけて、會’s NEXTにとってとても励みになる5日間でした!
デザインに関してのアドバイスやアイディアをいただくこともでき、貴重なご意見をこれからの活動に活かしていきたいと思います^^

ご来場くださった皆さま、本当にありがとうございました!!

御茶ノ水と秋葉原の展示会に行ってきました!

先日銀座の高級和食店「源吉兆庵」にて開催された、今回のタイアップ企画「和黑懐石」の勉強会の前に、會’s NEXTで東京の展示会に行ってきました!

IMG_1234

一つ目の展示会は、先日會’s NEXTのブログでもご紹介した、會’s NEXT職人の三浦圭一さんも作品を出展している「お結び展」を観てきました。
展示会は、御茶ノ水駅から徒歩5分の「世界観ギャラリー」にて開催されていました。

IMG_1235

IMG_3814

ギャラリー内には、30名の作家さんによる漆芸・陶芸・金工等の様々な作品があり、多種多様なテイストの作品が所狭しと並べられておりとっても見ごたえがありました。

木地師の三浦さんの作品も展示されており、どっしりとした木地の重厚感と、漆の優しい雰囲気が絶妙な三浦さんの作品はとても存在感がありました!
漆の黒や、溜め塗りの深みのある色が会場でも際立っていました^^

IMG_3829

他にも、可愛らしい動物を表現した陶器の置物や、柿渋染などの染色の技法を用いたバッグなどがありました。
真鍮製の筒にガラスをはめ込んだ万華鏡や、来年の兎年にちなんだ作品もたくさん!
素材を生かした個性的な作品の数々に、職人さん達も皆さん興味津々で観て回っていました^^

様々な素材の作品を一度に見ることができ、とても面白い展示会でした!

IMG_3818

ふたつめの展示は、秋葉原にあるギャラリー「3331 Arts Chiyoda」に行ってきました。

IMG_1245

「3331 Arts Chiyoda」は、中学校を改装して生まれたギャラリーで、日本各地や東アジアをはじめとする世界中をつなぐ「新しいアートの拠点」として、様々なイベントや展覧会を開催しているそうです。
いったいどんなギャラリーなんだろう?とさっそく會’s NEXTの皆さんで観に行きました!

IMG_1243

外観はまさに“学校”!屋上にはかつて運動場だったのでしょうか、緑のフェンスが残っています。
そして壁面には巨大な絵が描かれ、なんだかアーティスティックな雰囲気。
中央の巨大な木やイチョウの木がとても綺麗で、都会の真ん中にあるのを忘れてしまうほど、静かで落ち着いた場所でした。

IMG_1246

中に入るとすぐに巨大な船のオブジェがお出迎え。
内部には教室を改装した部屋が並び、そのひとつひとつがギャラリーやオフィスになっていました。
廊下には中学校時代に使用されていた下駄箱があり、ロッカーに使用してたような木製の棚もDM入れになっていたりと面白さ満載!
階段もどこか懐かしい雰囲気がありました。

IMG_1254

IMG_3853

今回東京で見て回った二つの展示会は、漆器とはまた違うジャンルの作品に触れることができたとても素晴らしい展示会でした!
こうして様々な素材や表現を見て回り、自身の作品作りに生かしていくことで、より一層魅力的な作品が生まれていくのだと感じました^^

これからも多様な作品を見て勉強していきたいと思います!

銀座の「源吉兆庵」にて、會’s NEXTの勉強会を行いました!

先週の8日は、現在會’s NEXTがコラボレーションを行っている銀座の高級和食店「源吉兆庵」に行き、実際に「和黑懐石」を味わいながら今回の成果を分かち合う勉強会を行ってきました!

IMG_3876

10月から「和黑懐石」を提供している源吉兆庵さんは、店内も会津づくし!
今回の「和黑懐石」を会津の三泣きと共にPRしたパネルが掲示され、趣のある個室には會’s NEXT職人さんの作品が展示販売されています。

IMG_3879

IMG_3887

IMG_3883

店内と展示されている作品を見て回る會’s NEXT職人さん達も、自分たちの作品が和の空間に展示されている様子を写真に納めたり、店員さんにお客様の反応を訊いたりと熱心な様子で見て回っていました。
デザイナーの手島彰さんもいらっしゃり、源吉兆庵の一室でいよいよ「和黑懐石」を味わいます!

・・・その前に!
今回のタイアップ企画を経ての感想や想いを、デザイナーの手島彰さんと會’s NEXT職人さん達でそれぞれ言葉にして伝え合います。

IMG_3924

IMG_3912

職人さん達は真剣な面持ちでしたが、今回の企画で得られた経験、手がけた漆器への想いなどをそれぞれ語りました。
タイアップ企画がスタートしてから約10か月。
何よりこうして形にできたことへの達成感が、職人さんのお話から感じられました。
こうしてひとつひとつ全員で力を合わせ漆器を作りげてきたことを思うと、これまでの日々がとても感慨深く思い出されます。

IMG_3946

また、会津のいいものを紹介する「oraho」というリトルプレスを発行している山本晶子さんも取材に来て下さいました!
次回の「oraho」第二号は会津漆器の特集だそうで、會’s NEXTのことも取り上げてくださるそうです。

IMG_3933

そして會’s NEXT会長の荒井さんは、「『和黑懐石』の器は、會’s NEXTで手掛けてきた器の中でも、お客様に一番使っていただいた器になった。會’s NEXTも5年目になり、これまで試行錯誤を繰り返してきたが、皆さまとデザイナーの手島さんのお力で今後は販売にも繋げていけるよう取り組んでいきたい」と述べ、デザイナーの手島彰さんも「昨年の12月に会津に行き、一年が経とうとしている。当時別の仕事をしながら懐石料理の本で勉強をしてデザインをしたことを思い出す。懐石料理の器一式を漆器でデザインするのは難しく、試行錯誤を重ねた」と、タイアップ企画が始動した頃のお話をしてくださいました。

IMG_3955

IMG_3952

手島さんと職人さんのお話は尽きませんが、いよいよ「和黑懐石」の登場です!
懐紙にも会津の三泣きの言葉が書かれ、器についても、「会津の職人さんが丹精込めて制作を致しました」の文が載り、職人さん達も嬉しそう。

制作してきた漆器に会津の郷土料理を銀座風にアレンジしたお料理が盛られ登場すると、その綺麗さに驚かされました!

IMG_3966

IMG_4048

「普段、自分で作った器を使って食事をとることは無かったから凄く面白い」
「料理によって器の雰囲気も変わるのがよくわかる」と、様々な趣向を凝らした美しい料理の数々に、皆さん感心した様子で魅入っていました。

IMG_4004

IMG_4076

今回の「和黑懐石」は、東京にいる会津出身や会津にゆかりのある方に特に喜ばれているそうです。
「懐かしい」という声も多く、会津出身の方がおもてなしに利用したりと、“会津づくし”の和黑懐石はとっても好評をいただいており、料理を提供してくださっている源吉兆庵の「懐石 松濤」の方も嬉しそうにお話してくださいました。

IMG_4085

IMG_4093

たくさんの皆さまに“会津”をご堪能いただいている「和黑懐石」は、今月20日までの期間限定です!
ご予約はお早目に!!

デザインウィークinせんだい2010に出展します!

寒かったり暖かかったりと不思議な天気が続いており、会津でもそろそろ雪が降る時期になりました。
寒い夜は“こたつにみかん”がおなじみですが、漆の御椀でおしるこもいいですね。

さて、そんな12月に入りましたが、會’s NEXTは元気よく仙台で展示を行って参ります!
「デザインウィークinせんだい2010」

デザインウィーク

2010年12月10日(金)~2010年12月15日(水)
《会場》せんだいメディアテーク 5Fギャラリー (仙台市青葉区春日町2-1)
《開催時間》10:00-19:00(最終日は16:30まで)
★入場無料★

●デザインウィークinせんだいとは?
「デザインウィークinせんだい」は、2004年に仙台を中心とする東北のデザイン団体が集結し、「せんだいデザインウィーク」として始まったデザインの祭典です。
今年で7回目を迎え、名称を「デザインウィークinせんだい」に変更し、韓国・中国等の東アジア地域を含めたグローバルなデザインの交流をめざした東北のデザインの祭典として開催されます。

「デザインウィークinせんだい2010」出展にあたり、會’s NEXTでは、銀座の高級和食店「源吉兆庵」とのコラボレーション企画漆器「和黑懐石」を展示いたします。
“会津の三泣き”をテーマに、職人さんがひとつひとつ心を込めて制作したシリーズを、「東北の新しい伝統的工芸品展」にてご紹介致します。
他にも會’s NEXTがこれまでに手掛けてきた作品を展示いたしますので、この機会にぜひご覧くださいませ^^

IMG_2694
(写真:ものづくりフェア2010での展示の様子)

皆さまのお越しをお待ちしております!

漆コーヒーとは?

會’s NEXTのうるしカフェで、ご来場の皆さまに味わっていただいてきた“漆コーヒー”。
その際によくお客さまに「これってどういう飲み物?」「かぶれないの?」と質問をいただくことが多いので、今回はそんな“漆コーヒー”をご紹介します^^

★漆コーヒーの材料は“漆の種”

__

うるしカフェで“漆コーヒー”をお配りしていると、よく尋ねられるのが「漆コーヒーって本当に“漆”が入ってるの?」との言葉。

ちょっぴり不安げなお客様が多いのですが、確かに“漆コーヒー”と言われると漆の樹液そのものが入っているように思いますよね。
ですがご安心ください!

「漆コーヒー」は漆の樹液を使用しているのではなく、“漆の種”を焙煎しているコーヒーなのです。

“漆の種”は、漆の樹にブドウのように成る漆の実から採れます。
(会津では、この漆の実から蝋分を採り「漆蝋(うるしろう)」という和蝋燭を作っていた文化もあります。)
その漆の実から採取した“漆の種”を焙煎して細かく砕き、コーヒーのようにドリップしたものが“漆コーヒー”です。

__3

そんな漆コーヒーを味わったお客さまのご感想をご紹介します☆

「香りが凄く香ばしい」
「味はほうじ茶か麦茶かな?」
「後から少し苦みがあって、確かにコーヒーのような後味がする!」
「想像していたよりおいしい!体に良さそう」

その味わいはコーヒーといより健康茶?
だけど香りやほのかな苦みはまるでコーヒー・・・。
そんな不思議な味がする、奥深い飲み物です。

“漆コーヒー”を飲んでも、もちろんかぶれたりはしませんのでご安心ください☆

「漆コーヒーの効用とかってあるの?」
と尋ねられることも多いのですが、昔は漆の実を強壮に効果があるとして食べたこともあったそうです。
“漆コーヒー”自体の効用は未だ解明されていませんが、胃に優しいというお話も!
そんな不思議な魅力のある“漆コーヒー”を、皆さまもとても楽しんで飲んでいらっしゃいました^^

__2

“漆コーヒー”は、會’s NEXTで開催するうるしカフェにてふるまっております^^
うるしカフェ開催の際はこのブログでお知らせいたしますので、その際はぜひ“漆コーヒー”を味わってみてください☆

「うるしカフェin会津・漆の芸術祭」最終日でした!

先日11月20日(土)は、「うるしカフェin会津・漆の芸術祭」の最終日でした!

IMG_1173

担当の職人さんは木地師の三浦 圭一さんと、うるしカフェもベテランの吉井 信公さんです。

IMG_1187

会場に展示された器は、三浦さんが木地も塗りも手掛けた、木のぬくもりと漆の質感が生きる素敵な器。
そしておなじみ吉井さんの金虫食い塗やオリジナルの研ぎ出しで仕上げた器達もとっても色鮮やかで華やか!
「うるしカフェ」開始時間の14時前にはすでにお客様がおいでになり、吉井さんと三浦さんの作品を囲んでさっそくうるしカフェが始まりました^^

IMG_1192

ご来場の皆さまは初めて職人さんから聞く漆の話に驚いたり笑ったりしながら、実際に器や道具を触って『漆』を体感。
奥の方で行われた漆クイズも大盛り上がり!
職人さんを囲んで皆さんここぞとばかりに質問をしてくださり、職人さんもとっても楽しそうで、皆さん笑顔が絶えませんでした^^

ハイテクプラザ会津若松技術支援センター産業工芸科専門研究員の竹内克己先生も「うるしカフェ」を見にいらっしゃってくださいました!
今回で2度目のご来場になる竹内先生も漆の説明をお客様にしてくださり、ますます深い漆のお話になりました^^

IMG_1177

IMG_1171

漆クイズでは、皆さん刷毛のクイズが一番難しいようです・・・!
実際に刷毛を触りつつ、「固いから馬の毛かも・・・」「リスの毛って黒かったっけ?」「まさかヒトじゃないよね!?」とお互い顔を見合わせては刷毛とにらめっこ。
そして解答を聴いてびっくり!
その後の吉井さんと三浦さんの説明で、皆さんますますびっくり!!
漆クイズは、思いがけない「びっくり」が満載です^^

お帰りになる前のお客様はみんな笑顔。
「来てよかった!」「漆好きにはたまらない経験だった」と仰ってくださる方もいらっしゃり、皆さま大満足のご様子でした!

IMG_1194

「うるしカフェ in 会津・漆の芸術祭」は今回で最終日。
10月2日から合計7回開催してきましたが、年代を問わずたくさんの方に遊びに来ていただけて、とっても賑やかなイベントになりました^^
漆コーヒー漆蜂蜜も「想像と違っておいしい」「初めての味、いいお土産話になる」と、とっても好評でした!
皆さまご感想をくださったりとても興味をもってくださり、事務局も毎朝せっせとコーヒーを淹れたかいがありました・・・!

ご来場くださった皆さま、誠にありがとうございました!!

「うるしカフェ in 会津・漆の芸術祭」で会場をお貸しくださった「ギャラリー夢蔵」さまも、誠にありがとうございました!
こちらのお店では、漆器やお香など趣ある品が多数ございますので、七日町にお越しの際はぜひ足を運んでみてください^^
建物も蔵造りがとてもレトロで素敵ですよ☆

会津・漆の芸術祭」のスタッフの皆さまにも大変お世話になりました。
芸術祭の開催、大変お疲れさまでした!
「会津・漆の芸術祭」は来年も開催されますので、今からまたとても楽しみです^^

担当してくださった職人さん達も大変お疲れさまでした!
中には4回も担当してくださった職人さんもいらっしゃり、職人さんもすっかり「うるしカフェマスター」です☆

IMG_0892

職人さんが分かりやすく漆のお話をしながら、クイズや漆コーヒーを通してお客様にもっと『漆』を楽しんでいただくきっかけ作りを目指した「うるしカフェ」。
今まで知らなかった「漆」の意外な一面を発見することで、漆をもっと身近に感じていただければ幸いです^^

次回の「うるしカフェ」開催はまだ未定ですが、會’s NEXTではこれからもこうした活動を続けていきますので、どうぞお楽しみに!!

會’s NEXT×源吉兆庵コラボレーション企画「和黑懐石」が、ビジネスカルチャーマガジンNODEに掲載されました!

會’s NEXTと銀座の高級和食店「源吉兆庵」とのコラボレーション企画「和黑懐石」が、ビジネスカルチャーマガジン『NODE(ノード)No.11』に掲載されました!

NODE表紙

アートと社会をつなぐ、ビジネスカルチャーマガジン 『NODE』
2010 Winter/no.11 “アートフェア”はお好きですか?

アートと社会をつなぐ、ビジネスカルチャーマガジン 『NODE』は、アートへのニーズを潜在的に抱いている30代~40代の社会人をターゲットにした雑誌です。
『NODO』の86ページに、會’s NEXTと源 吉兆庵とのコラボレーション企画「和黑懐石」の記事が掲載されております。

誌面0

P86・・・會’s NEXT×源 吉兆庵
「会津漆器の魅力が源 吉兆庵の味わいに融合」

また、『NODE』のWeb版の『NODEnet』では、會’s NEXTと源 吉兆庵とのコラボレーション企画の特集が掲載されております。
こちらもどうぞご覧ください。

NODEnet

漆器と懐石料理が醸し出す“温故知新”の極み~ 會’s NEXT×源 吉兆庵のコラボ企画開催中!

今回のコラボレーション企画で漆器のデザインを手がけたデザイナー・手島 彰 氏のブログでも、『NODE』掲載について記事が掲載されております。
こちらもどうぞご覧ください^^

ご好評いただいているタイアップ企画料理『和黑懐石』の提供は、12月20日までとなっております!
期間限定の懐石コースとなりますので、会津づくしの懐石料理をこの機会にぜひご堪能ください^^

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
宗家 源吉兆庵 銀座本店 「松濤」
ディナーコース「和黑懐石」・・・10,500 円(税込)

●営業時間 :お食事(ディナー)
17:30~22:30(ラストオーダー 21:30)
●席数 4階 16席(個室)/5階 16席(個室)/6階 14席(堀ごたつ)
●定休日:無休(土・日・祝はご昼食のみの営業)
●所在地:東京都中央区銀座7丁目8-9
●電話番号: 03-3569-2361(ご予約受付)

「うるしカフェin会津・漆の芸術祭」第6回目を開催しました!

先週の11月13日(土)は、七日町のギャラリー「夢蔵」にて第6回目の「うるしカフェin会津・漆の芸術祭」を開催しました!

IMG_1161

この日はなんと「うるしの日」でした^^
今回の担当職人さんは、塗り師の大竹信一さんと塗り師の宮田幸男さん
会場にはお二人の個性豊かな作品が並びました!

IMG_1163

IMG_1162

大竹さんの蒔絵が描かれた作品はカラフルでお洒落!
宮田さんの紙を使用した乾漆の器もとっても個性的。
職人さん達から実際に作品の工程などの説明を聴いて、お客さまからは「おお~」と感嘆の声が!

IMG_1110

職人さんが漆の実の説明をしながらふるまう「漆コーヒー」も好評で、皆さん初めて味わう「漆コーヒー」に「おいしい!」ととっても喜んでくださいました^^

奥の方は「うるしクイズ」にチャレンジするお客さまで賑やか。
実際に塗り刷毛を触ったり職人さんに質問をしたり・・・。
皆さんで相談もしながら、漆にまつわるトリビア満載の問題に挑戦しておりました♪
なんと全問正解された方も!!

IMG_1125

IMG_1151

今回もとっても和気あいあいとした雰囲気となったうるしカフェ。
そして次回はいよいよ最終日!
11月20日(土)に開催します!!

漆コーヒーを飲みながら、職人さんと熱く語れる絶好の機会!
ぜひ遊びにいらしてくださいね^^
IMG_1137

JIDA(日本インダストリアルデザイナー協会)のブログで「和黑懐石」が紹介されました!

銀座の高級和食店「源吉兆庵」とのタイアップ企画「和黑懐石」で漆器のデザインを手がけた、デザイナーの手島 彰 氏が所属しているJIDA(日本インダストリアルデザイナー協会)の会員サイト「JIDA-Members’Blog」で、今回のタイアップ企画が紹介されました!

ブログ

「和黑懐石」の記事はこちらからご覧いただけます。

手島 彰 氏と會’s NEXTによる漆器を用いた「和黑懐石コース」は、12月20日まで源吉兆庵にて提供されています。
10月から「和黑懐石コース」の提供が始まり、現在まで多くの皆さまにご注文いただきご好評をいただいております。
職人さんが心を込めて手がけた会津漆器と、会津の郷土料理をアレンジした懐石コース。

「会津の三泣き」に伝わる人情と会津の風土を、期間限定の懐石コースでぜひお楽しみください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
宗家 源吉兆庵 銀座本店 「松濤」
ディナーコース「和黑懐石」・・・10,500 円(税込)

●営業時間 :お食事(ディナー)
17:30~22:30(ラストオーダー 21:30)
●席数 4階 16席(個室)/5階 16席(個室)/6階 14席(堀ごたつ)
●定休日:無休(土・日・祝はご昼食のみの営業)
●所在地:東京都中央区銀座7丁目8-9
●電話番号: 03-3569-2361(ご予約受付)

販路開拓支援戦略会議 地域フォーラムin福島が開催されました!

11月1日(月)は、会津若松ワシントンホテルにて『販路開拓支援戦略会議 地域フォーラムin福島~会津の宝を売り込むための戦略会議~』が開催されました!
このフォーラムは、事務局の㈱明天が参画している販路開拓支援プラットホーム事業の一環で開催されました。

IMG_0987

『販路開拓支援戦略会議 地域フォーラムin福島~会津の宝を売り込むための戦略会議~』は、販路開拓支援に取り組む専門家やバイヤーの方が、販路開拓を目指す商品に対し外部の視点からのアドバイスや具体的なアプローチを行い、販路開拓支援へと繋げていくためのフォーラムです。
また、フォーラムの参加者にとっても、地域内外の顔の見えるネットワークを強化するとともに外部地域の専門家による手法やノウハウを共有し、会津及び福島地域における販路開拓の促進を図ることができる機会となっており、当日は多くの方が参加されました。

會’s NEXTからも職人さんを代表して、会長の荒井 勝祐さんと副会長の本田 充さんが参加。
『和黑シリーズ』の朱肉入れと、蒔絵アクセサリーの『URUSHI TILE』を、販路開拓の専門家やバイヤーの前でプレゼンテーションしました!

IMG_0994

IMG_1001

デザイナーとやりとりをして完成した商品デザインについてや制作工程の説明など、作り手ならではの話をまじえながらのプレゼンテーション。
荒井さんと本田さんの説明に、専門家やバイヤーの皆さまも真剣な表情で耳を傾けていました。

そしてプレゼンテーションの後は、そのまま専門家やバイヤーの皆さまからアドバイスや提案をいただく場面へ。
具体的な商品販売価格やターゲットについての質問が専門家やバイヤーの皆さんから出たり、逆に職人さんから「どのような売り込み方が望ましいのか」といった質問が向けられたりと、販路拡大に繋げようという姿勢でやりとりが繰り返されました。
バイヤー視点の裏話も聞けたりと、職人さん達も参加者の皆さまもメモを取りながらお話に聞き入っていました。

IMG_1044

IMG_1010

今回のフォーラムでは、會’s NEXTの他に会津本郷焼の職人さんも参加なさっていました。
そしてフォーラム後の交流会では、専門家やバイヤーの皆さんも職人さんも全員で談笑しながら情報交換。

IMG_1066

専門家やバイヤーの皆さんも、職人さんも、皆さんとにかく話が尽きません!
それぞれの分野のプロが集る場ならではの活気があちこちに生まれ、業種を超えた交流が行われました。

今回のフォーラムをきっかけに、具体的な販売の場に結び付きそうな案件もいくつか出てきましたので、それにむけてこれからも前進していきたいと思います。
ご参加いただいた専門家やバイヤーの皆さま、誠にありがとうございました!
今後ともよろしくお願い致します!