「會’s NEXT(あいづねくすと)」は、「城下町・会津から伝統工芸の未来を切り開く!」を合言葉に、400年の歴史を持ち日本を代表する伝統工芸品である会津漆器の職人たちが立ち上がり、全国のデザイナーやプロデューサーたちとコラボレーションして展開しているプロジェクトです。

プロジェクト名に込めたのは、「昨日と明日の出会い」。
古きよきものの良さはそのままで、NEXTへ向かう。職人とプロフェッショナルな若者の「出會い」によって、会津の伝統工芸はネクスト・ステージへ向かおうとしています。